スキップしてメイン コンテンツに移動

生活者の想像と妄想が組織における競争力の源泉となる

先日,大学図書館で偶然見つけたソーシャルシフト-これからの企業にとって一番大切なこと』を読みながら頭の中で考えたことをまとめていく。本書の中で頻繁に指摘されていた「共感」や「生活者の事前期待を上回るサービスを常に提供すること」などを軸に,これからの組織(企業や団体)が人を惹き付けるために何が必要となってくるのかを1度考えてみましょう。

結論を先に言うのであれば「どれだけ生活者(消費者や組織メンバー)に,組織に対するポジティブな想像や妄想を抱いてもらえるかどうか」ではないだろうか。もっと分かりやすく言えば,彼らにどれだけの「ワクワク感を提示できるかである。


このことは,単に企業組織だけではなく大学生によるサークル,学生団体,インターンシップ先,アルバイト先や就職活動など多岐に渡ると考えられる。因みに,私はインターンシップ先や就職先を選択する際に重要視していたことの1つは「どれだけ組織に対して想像や(アイデアの)妄想を抱けるかどうか」であった。


もちろん,生活者が抱く想像や妄想は必ずしも合理的あるいは論理的なものであるとは限らない。時には,過大な妄想によりミスリードされてしまうこともある。しかし,生活者に対して何の感情も抱かせることができない組織に私たちは,好意的な態度を示すことができるだろうか。

(厳しい言い方になってしまうが,大手電機メーカーが苦境に立たされている原因は,単に株価が落ちたことやサムスンやLGなどの海外メーカーとの激しい競争に巻き込まれているからだけではなく,生活者にポジティブな想像や妄想を抱いてもらうことができていないからだ,と私は思っている。つまり,彼らの製品からワクワクを感じることができない。)


このことを就職活動に例えるならば,あの組織に属したら「○○ができる」「△△を生かせば◇◇を効率的に変えることができるかもしれない」などのポジティブな想像や妄想を求職者に対して具体的に抱かせることが可能な組織は非常に強い。


逆に,このような想像を抱いてもらうことができない組織は,競争力を失い,優秀な人材を集めることができず,衰退の一途をたどるのではないだろうか。人間は,自分たちが考えている以上に不合理な生き物であり,感情的に行動する性質がある



皆さんが所属する組織あるいは組織が提供するサービスには,生活者の想像や妄想を掻き立てるほどの物語(ストーリー)や共感される要素があるのかどうか?を再確認する必要がある。


生活者による想像や妄想を共有できる人間味のある組織が,不確実性に溢れる激動の21世紀を駆け抜けることができるであろう。生活者の想像と妄想が組織における競争力の源泉となる時代が見えつつある。


このブログの人気の投稿

[仕事]3M(ムリ、ムラ、ムダ)を無くす仕組みづくり

つい最近、ある人から言われた言葉がとても印象に残っています。特に、中小零細企業やスタートアップ企業に所属している方には思い当たる節があるのではないでしょうか。


http://automotive-seo.net/2013/01/21/fix-your-seo-today-with-3-quick-tips/

創業間もない組織は「ムリ、ムダ、ムラ」と言われる3Mがとにかく多い。つまり、ムリ(過剰な労働時間)、ムダ(非効率な業務)、ムラ(成果物の低い精度)ということに分類することが出来ると思います。これらが起こりうる最大の要因は、大手企業のように過去の歴史で作り上げられてきた業務の仕組みが欠如しているからです。


もちろん、過去の遺産的な仕組みが原因で機能不全を起こしている企業が多いのも事実です。しかし、中小零細企業やスタートアップ企業は真剣に「ムリ、ムダ、ムラ」を無くすための仕組みを構築する必要があります。いかに短時間で効率よく精度の高い成果物を出すことが出来るのか、つまり労働生産性を常に意識して働いていこうと思います。


なぜ,男子はリクスー女子に萌えるのか

昨日,ある方とのランチ&カフェを楽しんだ後の帰り道,
ふと「あること」に気が付きTwitterでツイートをしました。


男子の多くが,リクルートスーツ女子に「萌える」理由は そこに
「非日常」を見い出すからだ。「日常」である場合,そこに「萌え」
という感情は湧かない。ある意味で,「着物」や「浴衣」と同じな
のかもしれない。 #ひとりごと


皆さんからすれば,「君はなんてことを考えているのだ!」
とお叱りを受けそうですが,僕はいたって真面目です(キリッ


4月に入り就職活動の選考が本格化したことにより,リクルート
スーツを着た就職活動生が忙しそうにしている姿を駅や学校な
どで頻繁に見かけるようなりました。



リクルートスーツに関しては,以前から「学生の個性を消している」や「皆が同じ格好をしていて気味が悪い」などのような意見が盛んに言われ,常に議論の的になっているのが現状です。(企業の中には,私服での入社式を行う場合もあるようです。)






高島屋がスーツ禁止の入社式
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120401/k10014129411000.html


このような議論があるとは言え,基本的に日本の就職活動で
は「リクルートスーツ」着用が義務ではなくても,暗黙の了解と
して認知されているのが現状です。


しかしそんな中,世の男子の多く(正確な数値は不明)は,リク
ルートスーツを着た女子(=リクスー女子)を見て「カワイイ」あ
るいは「萌え」という感情を抱いている場合が多いです。


反対に,世の女子の多く(正確な数値は不明)は,リクルート
スーツを着た男子(=リクスー男子)を「カッコイイ」という印象
を抱く場合が多いようです。(あくまでも,個人の主観です)


では,ここで皆さんと一緒に考えたい「問い」があります。


「なぜ,多くの男子はリクスー女子に萌えるのか?」


(皆さん,それぞれ好み(または性癖w)などはあるとは思い
ますが,一般的な傾向として理解して頂けると助かります。)


正解が何であるかは不明ですが,私自身はそこに「非日常」
を見い出すことが可能だからだと思います。意味不明だと思
う方もいると思うので,具体例などを用いて説明します。


もし,女子の皆さんが日常的にリクルートスーツを私服と同じ
ように着ていたとしたら,男子の皆さんはどのように思われま
すか?恐らく,いつもと変わらぬ光景(服装)だと思い,気にも
留めない…

[仕事]大胆かつ繊細に、繊細かつ大胆に

仕事は“大胆かつ繊細に、繊細かつ大胆に”やりなさい


入社以来、直属の上司から繰り返し何度も言われている言葉です。要するに「ミスを恐れて萎縮しないようにしながら、何事にも決して慢心かつ油断せずに仕事に取り組むことが大事である」ということを私に伝えたかったのだと思います。


細かい部分にも目を配れる人は、言葉次第でミスを恐れず大胆に行くように指示を出せるが、細かい部分を蔑ろにする人にはいくら言葉で注意しても修正するのが難しい、とも頻繁に言われています。よく指摘される「細部に神が宿る」とは正にこのことです。これからも「確認」を怠らずに仕事の量と質の向上を意識して働ければと思います。