現地ローカルの「食」に触れる、そして「文化」を知る


■現地の文化を知るために


シンガポール出張で訪れたラベンダー駅近くにある食堂、リトルインディア駅に近くにあるインド人コミュニティが利用するカレー屋。どちらも「現地」の方々が普段使いしているお店。私は旅行でもビジネスでも必ず現地ローカルの「食」に触れることにしている。



もちろんお金は少なからずある訳で、一般観光客が利用する綺麗なレストランで食事をすることもできる。でも、それでは「文化」に触れることができない。私はそこで生活している人の「息づかい」を感じられる空間に少しでも良いから身をおきたい。




例えば最初の写真では、現地タイガービールを食事とともに注文した際に、氷入りのグラスを渡された。日本では到底考えれないことだけど、現地の方にとっては普通のこと。このような些細なことでも良いから、もっとその国のことを知りたい。そんな工夫を少しでもできたら、もっと色んなことを楽しめると思う。


このブログの人気の投稿

[仕事]3M(ムリ、ムラ、ムダ)を無くす仕組みづくり

[仕事]5W1Hをマーケティングや販促に応用する考え方

[ビジネス/日本]地ビールとクラフトビールの違いについて