最初の3年が重要、残り1年半をどうするか?


■仕事に対する取り組み方

最初の3年で仕事人生の大半が決まる説
http://sudoken.hatenablog.com/entry/2014/03/13/224448

別に今の会社を辞めるか否かに関わらず入社当初から上記と同じことを考えて仕事をしてきた。私の場合は短期的な「成果」を追い求めるのではなく、社会人としての「人格形成・仕事に対するスタンス」が最初の3年で決まる可能性が高いと思っているので、良くも悪くも入社してからの1年半という時間を仕事に「投資」してきた。休日に仕事をする事に関しても自分が選んだので納得して取り組んできた。

残り1年半というタイムリミットがある中で、自分に何ができるのかを考えて行動する。自分で云うのも変な話だけど想定以上に「泥臭く」仕事をしてきた感がある。時間を逆算して「〆切り」を設定した方が集中して仕事ができる。恥ずかしながら、まだまだ仕事に「粗さ」があり精度が低い。上司にはその点を厳しく指摘されることが多々ある。

思っているよりも残り時間は少ない。やるべきことは沢山あるので、欲張って挑戦できればと。最初の3年間をしっかり突破できれば、その後に少しは「ラク」できるかも。そんなことを考えてお盆休み14日・15日は過ごしたい。

このブログの人気の投稿

[仕事]3M(ムリ、ムラ、ムダ)を無くす仕組みづくり

[仕事]5W1Hをマーケティングや販促に応用する考え方

[ビジネス/日本]地ビールとクラフトビールの違いについて