スキップしてメイン コンテンツに移動

人との「出会い」を逃さないためにも、お互いに「具体的な提案」が必要。

今日はお休みでしたので、久しぶりのブログ更新でアウトプットします。ここ最近、意識していることを書きます。以前に読んで気になる記事を紹介。過激なタイトル通り反響が数多くあったようです。

「今度飲みに行きましょう」とかいうやつは全員バカか暇人。
http://selecty.me/article/69288210447003800

要するに「誘うならきちんと誘ってほしい」ということが趣旨の記事だと思います。僕も以前から「今度飲みに行きましょう」という言葉が「あまり好きではない(少し表現を柔らかくしました...)」ので、その辺りの話も含めて書いてみようかなと。

■知らず知らずの内に「出会い」を逃している

この「今度飲みに行きましょう」という言葉が、好きではない理由の1つが「具体性に欠ける」から。つまり「いつ(When)、どこで(Where)、誰と(Who)」という要素が全て欠けている状態。学生時代もよくあったけれど、
この流れになると誰かが決めるまでいっこうに決まらず、お互いに当初の「熱」が冷めて結局会えない、なんてことがあった。恐らく相当数の出会いのチャンスを逃したでしょう。

今は「社会人」という立場になり、残念ながら年がら年中人に会える訳ではないので、その一回一回の出会いがじぶんにとって非常に貴重。だからこそ「無駄な時間」は極力使いたくない。こんなことを意識してから少しだけ「行動」を変えるようにしてます。

■大事なのは「具体的な提案」をすること

出会いを逃さないためにも実践していること。「今度のみに行きましょう」と誘われたら、あるいは自分から「この人と飲みに行きたい」と思ったら、速やかに具体的な情報(いつ、どこで、誰と)を提案すること。相手にとにかく「決断(決める)」ことの負担をなるべく負わせない、軽減してあげること。僕らは自信で思っている以上に何かを決めることに対して負担を感じている。

余程の事が無い限り、人に誘われて嫌な人は少ないと思いますし、基本的に嬉しいもの。相手のためにも、自分のためにも自信を持って「提案」するのはどうでしょうか?この人なら「ここのお店がいいな!」とか「きっとココなら楽しめそう!」とか色々な状況を考えるのも楽しい。

ということで、久しぶりのアウトプットはおしまい。

このブログの人気の投稿

[仕事]3M(ムリ、ムラ、ムダ)を無くす仕組みづくり

つい最近、ある人から言われた言葉がとても印象に残っています。特に、中小零細企業やスタートアップ企業に所属している方には思い当たる節があるのではないでしょうか。


http://automotive-seo.net/2013/01/21/fix-your-seo-today-with-3-quick-tips/

創業間もない組織は「ムリ、ムダ、ムラ」と言われる3Mがとにかく多い。つまり、ムリ(過剰な労働時間)、ムダ(非効率な業務)、ムラ(成果物の低い精度)ということに分類することが出来ると思います。これらが起こりうる最大の要因は、大手企業のように過去の歴史で作り上げられてきた業務の仕組みが欠如しているからです。


もちろん、過去の遺産的な仕組みが原因で機能不全を起こしている企業が多いのも事実です。しかし、中小零細企業やスタートアップ企業は真剣に「ムリ、ムダ、ムラ」を無くすための仕組みを構築する必要があります。いかに短時間で効率よく精度の高い成果物を出すことが出来るのか、つまり労働生産性を常に意識して働いていこうと思います。


なぜ,男子はリクスー女子に萌えるのか

昨日,ある方とのランチ&カフェを楽しんだ後の帰り道,
ふと「あること」に気が付きTwitterでツイートをしました。


男子の多くが,リクルートスーツ女子に「萌える」理由は そこに
「非日常」を見い出すからだ。「日常」である場合,そこに「萌え」
という感情は湧かない。ある意味で,「着物」や「浴衣」と同じな
のかもしれない。 #ひとりごと


皆さんからすれば,「君はなんてことを考えているのだ!」
とお叱りを受けそうですが,僕はいたって真面目です(キリッ


4月に入り就職活動の選考が本格化したことにより,リクルート
スーツを着た就職活動生が忙しそうにしている姿を駅や学校な
どで頻繁に見かけるようなりました。



リクルートスーツに関しては,以前から「学生の個性を消している」や「皆が同じ格好をしていて気味が悪い」などのような意見が盛んに言われ,常に議論の的になっているのが現状です。(企業の中には,私服での入社式を行う場合もあるようです。)






高島屋がスーツ禁止の入社式
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120401/k10014129411000.html


このような議論があるとは言え,基本的に日本の就職活動で
は「リクルートスーツ」着用が義務ではなくても,暗黙の了解と
して認知されているのが現状です。


しかしそんな中,世の男子の多く(正確な数値は不明)は,リク
ルートスーツを着た女子(=リクスー女子)を見て「カワイイ」あ
るいは「萌え」という感情を抱いている場合が多いです。


反対に,世の女子の多く(正確な数値は不明)は,リクルート
スーツを着た男子(=リクスー男子)を「カッコイイ」という印象
を抱く場合が多いようです。(あくまでも,個人の主観です)


では,ここで皆さんと一緒に考えたい「問い」があります。


「なぜ,多くの男子はリクスー女子に萌えるのか?」


(皆さん,それぞれ好み(または性癖w)などはあるとは思い
ますが,一般的な傾向として理解して頂けると助かります。)


正解が何であるかは不明ですが,私自身はそこに「非日常」
を見い出すことが可能だからだと思います。意味不明だと思
う方もいると思うので,具体例などを用いて説明します。


もし,女子の皆さんが日常的にリクルートスーツを私服と同じ
ように着ていたとしたら,男子の皆さんはどのように思われま
すか?恐らく,いつもと変わらぬ光景(服装)だと思い,気にも
留めない…

[仕事]大胆かつ繊細に、繊細かつ大胆に

仕事は“大胆かつ繊細に、繊細かつ大胆に”やりなさい


入社以来、直属の上司から繰り返し何度も言われている言葉です。要するに「ミスを恐れて萎縮しないようにしながら、何事にも決して慢心かつ油断せずに仕事に取り組むことが大事である」ということを私に伝えたかったのだと思います。


細かい部分にも目を配れる人は、言葉次第でミスを恐れず大胆に行くように指示を出せるが、細かい部分を蔑ろにする人にはいくら言葉で注意しても修正するのが難しい、とも頻繁に言われています。よく指摘される「細部に神が宿る」とは正にこのことです。これからも「確認」を怠らずに仕事の量と質の向上を意識して働ければと思います。