高齢化する日本って何だ!? 

こんにちは。こーへいです。
今日は1日中腹痛に悩まされていましたw
14時から筆記試験があり何とか乗りきりました。
結果はよくわかりませんw

さて,先ほどTwitterでお世話になっている方のツイートで
気になったモノがあったので紹介させて頂きます。

カンボジアの国民平均年齢は約22歳らしい。ベトナムの27歳より更に若い。可能性の渦巻く国々がこんなに沢山あったなんてしらないだ。。。@kawayasu

このツイート見て,正直「えっ!」って思いました。
おいおいこれはどういうことだよって思いグーグル先生
を頼りに具体的なデータを見つけました。

世界に冠たる高平均年齢 日本
CIA The World Factbook

<特に気になる国の平均年齢>

日本 43.8歳
ドイツ 43.4歳
韓国 36.4歳
中国 33.6歳
ブラジル 29.0歳
インドネシア 27.2歳
ベトナム 26.9歳
フィリピン 23.0歳
カンボジア 21.7歳

もちろん各国で人口が異なり,加えて戦争や紛争の影響で
ある特定の世代だけ極めて少ない可能性は否めません。

しかし,この数字だけをみて皆さんどのように感じましたか?
私自身が注目している国々(赤字)は,総じて若いことが分かります。
日本の43.8歳は異常値のように感じてしまいます。

若い働き手が多い=経済活性化に繋がることを考えれば,
新興国が成長する可能性を秘めていることになります。

残念ながら日本は,このままいけば若い働き手が減少していくので
予想どおり経済は停滞するでしょう。特に影響を受けるのは”20代”の
若者世代だと思います。景気の低迷が,就職状況の厳しさの一因
になっていることを考えれば至極当然ですよね。

僕たちが今できることは,変に難しく考えずに素直に
「海外特に”若い世代が多い新興国”」に興味を持ち
目を向けることなのではないでしょうか。

新興国は,僕たちの想像を超える可能性を
秘めているのでないでしょうか。(3月に確認するw)

「若いって素晴らしい!」そんなこと言える
世の中に一緒にしましょう!

こーへい。

感想はTwitterでもFacebookでもよろしく。

このブログの人気の投稿

[ビジネス/日本]地ビールとクラフトビールの違いについて

[仕事]5W1Hをマーケティングや販促に応用する考え方

[仕事]3M(ムリ、ムラ、ムダ)を無くす仕組みづくり