2011年5月5日木曜日

★新入生にお勧めする書籍10冊

ふと,新入生がこれから大学生活をスタートするに当たって僕なりにお手伝い
できることを考えてみて,実際に僕が読んで新入生にお勧めできる書籍10冊
を独断と偏見で選んでみました。

大学はある意味で,「本を読む場所」とも言えるので時間がある今のうちから
多くの素晴らしい本と出会ってください。僕自身はあまり「小説」を読まないので
推薦できませんが,色んな先輩やクラスのお友達に聞いてみると良いと思います。

*偏りがあるので,その点は皆さんの判断でよろしくお願いします(笑)

(★)は特にオススメしたい書籍

① 自助論

② 自分の中に毒を持て

③ 若者はなぜ3年で辞めるのか?(★)

大学一年時の「憲法」の講義である教授から推薦された一冊。
社会の「厳しい現実」が書かれていますが,この点を頭の片隅に
置きながら,大学生活を過ごすのも悪く無いことだと思います。

④ すべては一杯のコーヒーから

⑤ 就活難民にならないための大学生活30のルール

⑥ 20歳の時に知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義(★)

著者であるティナ・シーリグ教授の講演を以前,明治大学で聞きました。
「失敗を恐れてはいけない!」という熱いメッセージが印象的な本です。
この10冊の中で,最初に読むとしたらこの本を推薦したいと思います。

⑦ 夜と霧 新版

⑧ 7つの習慣 成功には原則があった

⑨ 20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ(★)

大学の授業で特に「語学」とりわけ「英語」を一生懸命学びたいという
新入生が大勢いると思います。その点,英語学習の第一歩として電子書籍や
Audiobookを用いた新しい英語学習を提案している本書は,とても良いと思います。

⑩ COURRiER Japon(クーリエジャポン)


最後に

Twitter:http://twitter.com/#!/Kohei_41(気軽にフォローしてください!)
Facebook:http://www.facebook.com/home.php(知り合い方のみお願いします!)
(気軽に「いいね!」をお願いします!)
感想をリプライして頂けると、非常に嬉しいです。

最後に,他にもっと新入生にお薦めしたい!という書籍が
ありましたら,皆さんで共有していきましょう。