[ビジネス/アイデア]もしかしたらビール業界に革命が起きたかも知れない!? 黒ビールを温めて飲む「ホットスタウト」という新しい飲み方


こんにちは、毎週恒例のブログ更新です。


今回は、国内4大ビールメーカーの1つであるキリンビールが新商品の「一番搾りスタウト」を電子レンジで温めて飲む「ホットスタウト」という新しい飲み方を提案していることについて非常に興味深いと思ったので記事で紹介することにしました。本当にこれは革命的だと思います...








作業工程は以下のような流れになります:① 常温の一番搾りスタウトをグラスを斜めにしてできるだけ泡立てないように、150ml注ぐ、② 少しずつゆっくり砂糖小さじ1杯を入れ、泡が吹きこぼれない程度にそっとかき回す、③ 約55度になるまで電子レンジで温める、④ 甘さが足りなければ、砂糖を追加し、よくかき混ぜてお楽しみください。



私自身はまだホットスタウトを試したことが無いので、今夜実際に試してみようと思っています。砂糖を小さじ1杯入れるということで、恐らくコーヒーのような味わいになるのではないかと予想しています。そもそもで云うと、日本酒の熱燗焼酎のお湯割りホットワインなどにように「温めて飲む習慣」が一部にはあるのに、むしろ今までビールに関しては温めて飲む習慣が無かったかの方が不思議ですよね。



また、このような新しい飲み方を大手ビールメーカー自身が提案していることについても非常に興味深い動きであると僕は思っています。昨今、ビール業界的には「若者のビール離れ」というワードがいつもつきまとっている状況で、新しい消費者層を開拓したいという想いが強いのではないでしょうか。実際にホットスタウトが流行するかどうかは分かりませんが、ビールを飲む楽しみためのバリエーションが増えることは間違いないですね。




<最近の記事>

米国クラフトビール 醸造所に関する2つのグラフ
http://koheiharada.blogspot.jp/2013/01/blog-post_20.html

米国クラフトビール市場、17年までに約3倍の成長予測
http://koheiharada.blogspot.jp/2013/01/blog-post_26.html

国内クラフトビールメーカー Facebookページ7選
http://koheiharada.blogspot.jp/2013/01/facebook.html

ホームブリュワーのためのウェブサイト「HOMEBREW KOREA」
http://koheiharada.blogspot.jp/2013/02/homebrew-korea.html

シカゴのクラフトビール市場に根付く近江商人の「三方よし」という理念
http://koheiharada.blogspot.jp/2013/02/blog-post.html

ニューハンプシャー州でナノブルワリーの起業を促すための規制緩和案が施行
http://koheiharada.blogspot.jp/2013/02/blog-post_9.html

地ビールとクラフトビールの違いについて
http://koheiharada.blogspot.jp/2013/02/blog-post_9397.html

スコットランド発のマイクロブルワリー「BrewDog」
http://koheiharada.blogspot.jp/2013/02/brewdog.html

中南米メキシコのビール市場、大手ビールメーカーの動向
http://koheiharada.blogspot.jp/2013/02/blog-post_16.html


もし今回の記事について「いいね!」と思ったら以下にあるソーシャルボタンでお気軽に記事をシェア(共有)してくださると非常に嬉しいです。もし興味がある方は私のTwitter(@Kohei_41)をチェックしてください。



このブログの人気の投稿

[仕事]3M(ムリ、ムラ、ムダ)を無くす仕組みづくり

[ビジネス/日本]地ビールとクラフトビールの違いについて

[仕事]5W1Hをマーケティングや販促に応用する考え方