[ビジネス/イベント]クラフトビール業界のマーケターは必読!ソーシャルメディアを利用した3つのマーケティング手法



こんにちは、毎週恒例のブログ更新です。







前回の記事では、黒ビールを温めて飲む「ホットスタウト」という新しい飲み方に関する記事を書きました。記事を書いたその日の晩に試してみましたが、正直あまり美味しいとは思えませんでした...。しかし、人それぞれの好みがありますし、ビールの新しい飲み方を消費者に提案した、という意味では非常に興味深い取り組みだったと思います。今後も注目していきたいです。



さて、今回の記事では「クラフトビール業界におけるソーシャルメディアを利用した効果的なマーケティング手法」について紹介します。以前書いた記事でも国内クラフトビールメーカーのFacebookページについて紹介しましたが、これだけソーシャルメディアが私たちの生活に浸透している中で大規模な広告に予算を割けないマイクロブルワリーにおいてソーシャルメディアは消費者と繋がり、共感を生むための最良の手段となっています。



主に今回の記事では、クラフトビールを提供しているバーがソーシャルメディアを利用して効果的にマーケティングをするために必要な3つのアイデアについて以下のように言及しています。これだけでもきちんと押さえておけばソーシャルメディアマーケティングの基本は大丈夫だと思います。


ハッシュタグ(#)を利用すること
Instagramに写真をアップすること
タップリストをFacebookで紹介すること


上記の3つはクラフトビールバーに限らず、今後に日本各地で行なわれるオクトーバーフェストビール祭りなどのイベントでも大いに役立つと思います。例えば、あるイベントのハッシュタグを作成してイベントの一体感を醸成し、そのイベントで飲んだクラフトビールの写真をInstagramにアップする、そしてクラフトビールを提供するお店は自社のクラフトビールに関する情報をFacebookで公開してみるのは非常に面白いと思います。



もちろん、参加者にこれらの行為を促すためには、きちんとした導線(どうしたらユーザーがイベントのハッシュタグをつけてツイートし、ユーザーが飲んだクラフトビールの写真をInstagramにアップしてもらえるか、モチベーションの問題)を設計する必要があります。ということで、この辺りは各イベント主催者、マイクロブルワリーの創意工夫次第になりそうな気がします。



<最近の記事>

米国クラフトビール 醸造所に関する2つのグラフ
http://koheiharada.blogspot.jp/2013/01/blog-post_20.html

米国クラフトビール市場、17年までに約3倍の成長予測
http://koheiharada.blogspot.jp/2013/01/blog-post_26.html

国内クラフトビールメーカー Facebookページ7選
http://koheiharada.blogspot.jp/2013/01/facebook.html

ホームブリュワーのためのウェブサイト「HOMEBREW KOREA」
http://koheiharada.blogspot.jp/2013/02/homebrew-korea.html

シカゴのクラフトビール市場に根付く近江商人の「三方よし」という理念
http://koheiharada.blogspot.jp/2013/02/blog-post.html

ニューハンプシャー州でナノブルワリーの起業を促すための規制緩和案が施行
http://koheiharada.blogspot.jp/2013/02/blog-post_9.html

地ビールとクラフトビールの違いについて
http://koheiharada.blogspot.jp/2013/02/blog-post_9397.html

スコットランド発のマイクロブルワリー「BrewDog」
http://koheiharada.blogspot.jp/2013/02/brewdog.html

中南米メキシコのビール市場、大手ビールメーカーの動向
http://koheiharada.blogspot.jp/2013/02/blog-post_16.html

黒ビールを温めて飲む「ホットスタウト」という新しい飲み方
http://koheiharada.blogspot.jp/2013/02/blog-post_17.html


もし今回の記事について「いいね!」と思ったら以下にあるソーシャルボタンでお気軽に記事をシェア(共有)してくださると非常に嬉しいです。もし興味がある方は私のTwitter(@Kohei_41)をチェックしてください。


このブログの人気の投稿

[ビジネス/日本]地ビールとクラフトビールの違いについて

[仕事]5W1Hをマーケティングや販促に応用する考え方

[仕事]3M(ムリ、ムラ、ムダ)を無くす仕組みづくり