[男の作法]身銭をきり、心づけができる人になろう


以前にこちらの記事でも紹介した池波正太郎さんの「男の作法」から個人的に好きなエピソードがあるので、メモがてら共有します。小説家になる前に役所で税金の徴収係をしていた池波さんが、ある日に税金を滞納していた床屋の男性にした「ある行動」がとても素敵です。






どうしても税金を払わない床屋がいた。あるとき行ったら、ちょうど忌中。奥さんが亡くなって。ぼくは自分の金。五百円だったか包んでね、何もいわずに黙って置いて、その日はそのまま帰ってきた。翌日、一番に来ましたよ、床屋が、税金払いに。

何も役所の仕事なのに自分の懐の金を払うなんて・・と思うでしょう。ところが、結局得をするのはぼくのほう。自分の受け持ちの町内が決まっているわけだ。で、ぼくは自転車でまわって行くと、床屋が店から飛び出してきて、「池波さん!ちょっと寄って行きなさい、ヒゲ剃って行きなさい、この剃刀使いやすいから持って行きなさい・・・」


あれで二十回以上ヒゲを剃ってもらったか。もちろん料金なんか取ってくれませんよ。あのころで一回二百円か二百五十円だったな。何も、それがネライで香典を出したわけじゃないが、結果としてそうなる。 だからいうわけですよ、役人でも会社員でも身銭を切りなさい、と。仕事そのものにね。同僚と酒を飲むことじゃないんだよ。しかし、いまの人は仕事に身銭を切らないねぇ。職場でいつもお茶を入れてくれる人がいるでしょう。そういう人に盆暮れにでも心づけをする人が、まあいない。毎日美味しいお茶をありがとう・・・そういってちょっと心づけをする。こりゃ違いますよ、次の朝から。当然、その人に一番先にサービスする。そうすると気分が違う。気分が違えば仕事のはかどりようもまるで違ってくる。


この文章を読んだ時に「あぁ・・これが人を動かすということなんだ と思いました。彼が凄いのは別に損得勘定でした行動ではなく、自然とこのような心づけを床屋の男性にしたこと。普通なら「おいっ!このやろうさっさと税金を払いやがれ!」と言ってしまいそうなところを、相手の状況を読み取り自分のお金で香典を包んで、結果的に相手から自発的に税金を払いに来させた、まさに人を動かすことの本質が池波さんのエピソードが詰まっています。


さらに、このエピソードに似た箇所が別ページにもありました。タクシーを利用した際にタクシー運転手に対していつも100円か200円でも余計にお金を支払う池波さんの感謝の気持ちは言葉だけでも伝わるけれど、形(チップ)にしないと本当のところは伝わらない」ということが書かれており、これまた「なるほど・・!」と唸ってしまいました。


最近流行しているライフハック系の記事を読むよりも、このような「身銭をきり、心づけをすること」を普段から心掛けて行なう方が、生活や仕事において良い影響をもたらすと思いました。実はダニエル・ピンクの新刊にも同じようなアイデアが書かれており、非常に勉強になりました。


もし今回の記事について「いいね!」と思ったら以下にあるソーシャルボタンでお気軽に記事をシェア(共有)してくださると非常に嬉しいです。もし興味がある方は私のTwitter(@Kohei_41)をチェックしてください。


このブログの人気の投稿

[ビジネス/日本]地ビールとクラフトビールの違いについて

[仕事]5W1Hをマーケティングや販促に応用する考え方

[仕事]3M(ムリ、ムラ、ムダ)を無くす仕組みづくり