スキップしてメイン コンテンツに移動

生産主権から消費主権への遷移について


こんにちは、毎週恒例のブログ更新です。


「消費」について深く考えるキッカケになった2冊




社会人生活が始まる前の時間があるこの年末年始にかけてコピーライターとして有名な糸井重里さんの「インターネット的」や「ほぼ日刊イトイ新聞の本」を立て続けに読んでいました。この2冊に共通して私が感じたことは「生産至上主義から脱却して消費の形を問い直す」ということです。あくまでも私が感じたことがことなので冗談半分で読んで頂けたらと思います。



以前書いたコチラの記事でも指摘しましたが、過去数十年に渡って製品やサービスを供給する側である生産者側の論理が日本国内においてあまりにも強すぎたのではないかと考えています。戦後モノづくり(技術)国家を標榜して製造業を中心に日本の立て直しに成功した際の大きな成功体験を今なお引きずっており「良いものを作れば消費者は必ず買ってくれるはずだ」という発想が蔓延っています。これはまさに典型的な生産者側の論理ではないでしょうか。



このことを国内電機メーカーの衰退とサムスン電子などのグローバル企業の台頭を引き合いに出して「技術偏重からマーケティング重視に経営をシフトするべきだ」という声もビジネス誌や評論家などから頻繁にあがっています。しかし、私はこのようなマーケティング重視の経営という言葉すら生産者側の論理から抜け出せていない印象があります。



本来は「生産」というのは単独で存在するのではなくあくまでも「消費」とセットにして考えるべき概念であり、先ほども指摘したように生産者側の論理ばかりが重視されている風潮があると感じています。従って、いくらモノを作っても売れないという状態が続いてしまいます。最大の問題は「生産者側の論理が今まで過大評価されてきため消費という概念が全く育ってこなかった」ということです。糸井さんの言葉を借りれば「消費にクリエティブ(想像性)がない」と言い表すことができます



今後、本当に考えるべきは「どうしたら消費者に気持ちよくお金を使ってもらえるのか?」または「どういうときに人はお金を払ってでもモノを買おうとするのか?」ということではないでしょうか。要するに、生産至上主義(生産に偏重している状態)から消費(豊かなお金の使い方)に軸をシフトしないとお金が世の中に回らないのです。いくら良いものを作っても消費者が買ってくれなければ意味がありません。本来的には生産者も消費者もただの「役割」であり、人は場面ごとに生産者でもあり消費者でもあるのです。なのでことさらに「消費者目線」という言葉を出すことすらも変な話だと思っています。



これだけ成熟した世の中でモノを作ってもそんな簡単に売れるとは到底思えません。従来の生産重視から消費を豊かにすることを意識しなければいつまで立っても状況は変わらないでしょう。生産主権から消費主権へシフトすることができれば世の中が少し良くなるかもしれません。少し傲慢な言い方かもしれませんが「消費(者)を育てる」ことも社会の大きな課題だとも感じています。




このブログの人気の投稿

[仕事]3M(ムリ、ムラ、ムダ)を無くす仕組みづくり

つい最近、ある人から言われた言葉がとても印象に残っています。特に、中小零細企業やスタートアップ企業に所属している方には思い当たる節があるのではないでしょうか。


http://automotive-seo.net/2013/01/21/fix-your-seo-today-with-3-quick-tips/

創業間もない組織は「ムリ、ムダ、ムラ」と言われる3Mがとにかく多い。つまり、ムリ(過剰な労働時間)、ムダ(非効率な業務)、ムラ(成果物の低い精度)ということに分類することが出来ると思います。これらが起こりうる最大の要因は、大手企業のように過去の歴史で作り上げられてきた業務の仕組みが欠如しているからです。


もちろん、過去の遺産的な仕組みが原因で機能不全を起こしている企業が多いのも事実です。しかし、中小零細企業やスタートアップ企業は真剣に「ムリ、ムダ、ムラ」を無くすための仕組みを構築する必要があります。いかに短時間で効率よく精度の高い成果物を出すことが出来るのか、つまり労働生産性を常に意識して働いていこうと思います。


なぜ,男子はリクスー女子に萌えるのか

昨日,ある方とのランチ&カフェを楽しんだ後の帰り道,
ふと「あること」に気が付きTwitterでツイートをしました。


男子の多くが,リクルートスーツ女子に「萌える」理由は そこに
「非日常」を見い出すからだ。「日常」である場合,そこに「萌え」
という感情は湧かない。ある意味で,「着物」や「浴衣」と同じな
のかもしれない。 #ひとりごと


皆さんからすれば,「君はなんてことを考えているのだ!」
とお叱りを受けそうですが,僕はいたって真面目です(キリッ


4月に入り就職活動の選考が本格化したことにより,リクルート
スーツを着た就職活動生が忙しそうにしている姿を駅や学校な
どで頻繁に見かけるようなりました。



リクルートスーツに関しては,以前から「学生の個性を消している」や「皆が同じ格好をしていて気味が悪い」などのような意見が盛んに言われ,常に議論の的になっているのが現状です。(企業の中には,私服での入社式を行う場合もあるようです。)






高島屋がスーツ禁止の入社式
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120401/k10014129411000.html


このような議論があるとは言え,基本的に日本の就職活動で
は「リクルートスーツ」着用が義務ではなくても,暗黙の了解と
して認知されているのが現状です。


しかしそんな中,世の男子の多く(正確な数値は不明)は,リク
ルートスーツを着た女子(=リクスー女子)を見て「カワイイ」あ
るいは「萌え」という感情を抱いている場合が多いです。


反対に,世の女子の多く(正確な数値は不明)は,リクルート
スーツを着た男子(=リクスー男子)を「カッコイイ」という印象
を抱く場合が多いようです。(あくまでも,個人の主観です)


では,ここで皆さんと一緒に考えたい「問い」があります。


「なぜ,多くの男子はリクスー女子に萌えるのか?」


(皆さん,それぞれ好み(または性癖w)などはあるとは思い
ますが,一般的な傾向として理解して頂けると助かります。)


正解が何であるかは不明ですが,私自身はそこに「非日常」
を見い出すことが可能だからだと思います。意味不明だと思
う方もいると思うので,具体例などを用いて説明します。


もし,女子の皆さんが日常的にリクルートスーツを私服と同じ
ように着ていたとしたら,男子の皆さんはどのように思われま
すか?恐らく,いつもと変わらぬ光景(服装)だと思い,気にも
留めない…

[仕事]大胆かつ繊細に、繊細かつ大胆に

仕事は“大胆かつ繊細に、繊細かつ大胆に”やりなさい


入社以来、直属の上司から繰り返し何度も言われている言葉です。要するに「ミスを恐れて萎縮しないようにしながら、何事にも決して慢心かつ油断せずに仕事に取り組むことが大事である」ということを私に伝えたかったのだと思います。


細かい部分にも目を配れる人は、言葉次第でミスを恐れず大胆に行くように指示を出せるが、細かい部分を蔑ろにする人にはいくら言葉で注意しても修正するのが難しい、とも頻繁に言われています。よく指摘される「細部に神が宿る」とは正にこのことです。これからも「確認」を怠らずに仕事の量と質の向上を意識して働ければと思います。