スキップしてメイン コンテンツに移動

21世紀の企業に求められる「企業文化(理念)」

4月9日

















最近,ブログ更新頻度が上がっています(笑)こうへいです。
この後,期日前投票にも行く予定です。皆さんぜひ投票しに
行きましょう^^

さて今回,取り上げるテーマは「企業理念(企業文化)」です。

一見,堅そうなテーマですが肩ひじ張らずにご覧に
なってください。大事な気づきもあると思いますので。

そもそも,なぜ今回この「企業文化企業文化)」というテーマで
記事を書こうと思ったのか。

現在,4年生である私は就職活動をしております。
就職活動において,何を基準にして企業を選択するのか
人それぞれ,その基準あるいは価値観は異なると思います。

例えば,

・「年収○百万円以上」
・「企業の規模・知名度」
・「自分が成長できる会社」
・「社会貢献ができる会社」
・「自分のやりたいことが出来る会社」
・「自分の技術を生かせる会社」 など

様々な基準で,企業選びをしているかと思います。
自分の基準・価値観で判断することが大切です。

私自身の企業を選択する際の基準を考えてみると,
1つのキーワードがあります。

それは,「企業理念(企業文化)」です。

なぜ,このように考えるようになったのか。

リーマンショックを発端とする金融危機や,グローバル競争が
激化していく中で,企業はライバル企業に勝つために「利益至上主義」
に傾倒するようになりました。人件費を削減するために非正規社員を
雇用し,一方で正規社員には過酷な労働(残業含め)を課してきました。

「利益」を得ること自体は,もちろん必要なことだと思います。
しかし,「利益」を得ることが果たして「目的」としてふさわしいのか。

「利益」はお客様に「サービス」を提供した「結果」得る「モノ」だと私自身は
考えております。そして,得た「利益」を基に更に充実したサービスをお客様に
提供することが大切であり,「利益」はお客様に還元するための「手段」である。

ここ最近の社会・企業全体を見ていると,「利益」=「目的」になっている
気がしてならないのです。一番大切な「お客様」はどこに行ってしまったのでしょうか。

そのことに気付かない企業の大半が「価格競争」に突入してしまうのです。
そこは,弱肉強食の厳しい世界であり多くの企業が敗れ市場から去りました。

「安ければモノが売れる時代」は,既に終わったはずなのに。

それでは,働く人たちは何を目指して,何を基準(行動指針)にして働くのでしょうか。

このような変化の激しい時代に,何の「拠り所」もないのは厳しいと思います。

このようなことを数年前から考えていた時に,ある本に出会いました。

ザッポスの奇跡』(著:石塚しのぶ)

ザッポス伝説』(著:トニー・シェイ)

靴のオンライン販売で数々の伝説を残しているザッポスという企業

http://www.zappos.com/

http://ayakofromjapan.com/why-i-love-zappos/

http://japan.internet.com/webtech/20100302/8.html

特に,この企業を表すいくつかのキーワードがあります

・「10のコア・バリュー(行動指針・中核となる価値観)」
・「最高のカスタマー・サービス」
・「”幸せ”を届ける」
・「”モノ”ではなく,”サービス”を売る」
・「至上の顧客サービスとエクスペリエンスを提供する」

特に,紹介したいのはザッポスの「企業文化(理念)」を
表した「10のコア・バリュー」です。

http://about.zappos.com/our-unique-culture/zappos-core-values

ザッポスの社員は,以下の10項目からなる行動指針に
従い,お客様に「最高のサービス」を提供することを使命
(ミッション)としています。

1.サービスを通してWOW(驚嘆)を届けよ
2.変化を受け入れ,その原動力となれ
3.楽しさと,ちょっと変わったこと,をクリエイトせよ
4.間違いを恐れず,創造的で,オープンマインドであれ
5.成長と学びを追求せよ
6.コミュニケーションを通じて,オープンで正直な人間関係を構築せよ
7.チーム・家族精神を育てよ
8.限りあるところからより大きな成果を生み出せ
9.情熱と強い意志を持て
10.謙虚であれ

これを御覧になった方の中には,「こんなの日本企業の社訓」みたいものでしょ!
と思う方もいらっしゃると思います。毎朝,朝礼で大きな声を出して読み上げているかもしれません。

しかし,その社訓を基に行動している方,まして生活をしている方はまずいないと思います。

ザッポスの社員が凄いのは,この「10のコアバリュー」を軸に
仕事においても,日常生活にしても実践していることです。

働く上での「軸」を手に入れたザッポス社員たちは,次々と「感動」を
お客様に届けているのです。

ザッポスにとって一番大切なことは,「利益」ではなく「幸せを届ける」ことなのです。

ただし,一番大事なことは,「企業文化(理念)」を創り「お題目」にすることではありません。
その企業文化(理念)に則り,個々人が実践することなのです

これからは,「利益」を目指すことを「目的」とするのではく「お客様に感動(WOW)」
を届けることを目指していきませんか!?

きっと,素晴らしい世の中になると思います!

リッツカールトンで学んだ仕事で一番大切なこと』(著:林田正光)<読書中>

リッツカールトンの「クレド(信条)」も素晴らしいので,ぜひご覧になってください。

http://corporate.ritzcarlton.com/ja/About/GoldStandards.htm

(最後に)

現在の就職活動を選ぶ軸に「企業文化(理念)」を入れてみるのはいかがでしょうか。
もちろん,働いてみないと分からないという部分もあると思います。
しかし,企業の文化や理念というものは説明会,選考(面接),
社員の対応を通じて少しは分かるものだと思います。


この軸で厳しく見ると,本当に数社に絞られます。

その中で,選ぶのも悪くはないと思います。

数少ない企業に,心を込めて受けるのもいいのではないでしょうか。

内定を取るために,たくさんの企業にESを送り,相手企業のことをロクに調べず,
面接で自分を繕くことが,果たして本当に意味のあることなのでしょうか。

はっきり言いますが,私は受けている企業のことを「手札(持ち駒)」と
呼んでいる人はあまり好きではありません。

それは,ただの「(カード)ゲーム」だと思います。

もっと,自分のことを大切にした方がいいと思います

「顧客第一主義」を掲げる企業は,数多くあります。
その一方で,「社員満足度」を意識している企業は
果たしてどれほどあるのでしょうか。

「社員満足度」の低い企業が,どうして「顧客満足度」を上げることが
出来るのでしょうか。

21世紀,「企業文化(理念)」を大事にしていくのも大切な
ことだと思いました。

このブログの人気の投稿

[仕事]3M(ムリ、ムラ、ムダ)を無くす仕組みづくり

つい最近、ある人から言われた言葉がとても印象に残っています。特に、中小零細企業やスタートアップ企業に所属している方には思い当たる節があるのではないでしょうか。


http://automotive-seo.net/2013/01/21/fix-your-seo-today-with-3-quick-tips/

創業間もない組織は「ムリ、ムダ、ムラ」と言われる3Mがとにかく多い。つまり、ムリ(過剰な労働時間)、ムダ(非効率な業務)、ムラ(成果物の低い精度)ということに分類することが出来ると思います。これらが起こりうる最大の要因は、大手企業のように過去の歴史で作り上げられてきた業務の仕組みが欠如しているからです。


もちろん、過去の遺産的な仕組みが原因で機能不全を起こしている企業が多いのも事実です。しかし、中小零細企業やスタートアップ企業は真剣に「ムリ、ムダ、ムラ」を無くすための仕組みを構築する必要があります。いかに短時間で効率よく精度の高い成果物を出すことが出来るのか、つまり労働生産性を常に意識して働いていこうと思います。


なぜ,男子はリクスー女子に萌えるのか

昨日,ある方とのランチ&カフェを楽しんだ後の帰り道,
ふと「あること」に気が付きTwitterでツイートをしました。


男子の多くが,リクルートスーツ女子に「萌える」理由は そこに
「非日常」を見い出すからだ。「日常」である場合,そこに「萌え」
という感情は湧かない。ある意味で,「着物」や「浴衣」と同じな
のかもしれない。 #ひとりごと


皆さんからすれば,「君はなんてことを考えているのだ!」
とお叱りを受けそうですが,僕はいたって真面目です(キリッ


4月に入り就職活動の選考が本格化したことにより,リクルート
スーツを着た就職活動生が忙しそうにしている姿を駅や学校な
どで頻繁に見かけるようなりました。



リクルートスーツに関しては,以前から「学生の個性を消している」や「皆が同じ格好をしていて気味が悪い」などのような意見が盛んに言われ,常に議論の的になっているのが現状です。(企業の中には,私服での入社式を行う場合もあるようです。)






高島屋がスーツ禁止の入社式
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120401/k10014129411000.html


このような議論があるとは言え,基本的に日本の就職活動で
は「リクルートスーツ」着用が義務ではなくても,暗黙の了解と
して認知されているのが現状です。


しかしそんな中,世の男子の多く(正確な数値は不明)は,リク
ルートスーツを着た女子(=リクスー女子)を見て「カワイイ」あ
るいは「萌え」という感情を抱いている場合が多いです。


反対に,世の女子の多く(正確な数値は不明)は,リクルート
スーツを着た男子(=リクスー男子)を「カッコイイ」という印象
を抱く場合が多いようです。(あくまでも,個人の主観です)


では,ここで皆さんと一緒に考えたい「問い」があります。


「なぜ,多くの男子はリクスー女子に萌えるのか?」


(皆さん,それぞれ好み(または性癖w)などはあるとは思い
ますが,一般的な傾向として理解して頂けると助かります。)


正解が何であるかは不明ですが,私自身はそこに「非日常」
を見い出すことが可能だからだと思います。意味不明だと思
う方もいると思うので,具体例などを用いて説明します。


もし,女子の皆さんが日常的にリクルートスーツを私服と同じ
ように着ていたとしたら,男子の皆さんはどのように思われま
すか?恐らく,いつもと変わらぬ光景(服装)だと思い,気にも
留めない…

[仕事]5W1Hをマーケティングや販促に応用する考え方

社会人になってから上司に報告する機会が非常に増えています。そんな時に頻繁に言われるのが「5W1Hを利用しながら分かりやすく伝えなさい」というものです。文書を書く際の基本として絶対に身につけるべきフレームワークだと思っています。

http://blog.livedoor.jp/kenji_418/archives/64686758.html


Who=誰が(主語)
Where=どこで(場所)
What=何を(内容)
When=いつ(納期)
Why=なぜ(理由)
How=どのように(手段)


このフレームワークを考えながらネットサーフィンをしていたところ、5W1Hをマーケティングや販促に応用する考え方を知りました。マーケティングの基本的なフレームワークとして有名なのは「4P」ですが、それを5W1Hに置き換えるとより具体的で分かりやすく感じます。


マーケティングも販促も基本は5W1H
http://blog.mcbbt.com/5w1h-2/


Who=誰が:ターゲット
Where=どこで:Place
What=何を:Product
How =どのように:Promotion
How much=いくらで:Price

When=いつ:季節、時間、期間
Why=なぜ:販促キャンペーンの理由/動機


※基本は「誰に何をいくらでどのように売るか


このフレームワークに沿って、さらに具体的な数値やロジックを用いて社内で提案すれば受け入れられる可能性が大幅に向上するのではないでしょうか。もちろん、知識として知っているのと、実践できるのとでは大きな違いはあります。先ずは、メモ帳に書いていつもチェックするように心掛けて見ようと思います。