日本はまるで芸人・出川哲朗みたいだ。

ヤバいよ,ヤバいよ!

僕が好きな芸人さんの1人である出川哲朗さんの口癖です。



この言葉を聞くと,「何がヤバいんだよ!あははw」って腹を抱えて笑うと思います。

ただ,この言葉は今の日本をよく表す言葉であると思えてきたんです。

政治がヤバいよ!経済がヤバいよ!就活がヤバいよ!雇用がヤバいよ!
年金がヤバいよ!少子高齢化がヤバいよ!人口減少がヤバいよ!
生活がヤバいよ!英語公用化がヤバいよ!グローバル化がヤバいよ!

いくら上げてもキリがないですよね。

「ヤバいよ!」が危機感となり意識される分には一向に構わないと思います。

ただし,「何が,どうして,なぜ,ヤバいのか!(そのために必要なことは何か)

があまり議論されないのが今の日本の問題点だと思います。

恐らく,これを解決するための正解はないと思います。

個人が問題に対し当事者意識を持つしかないと思います。

ヤバいよ,ヤバいよ!」がただの”フリ”に終わらないように気をつけましょう。

ヤバいよ,ヤバいよ!」と言っている内に,本当に「ヤバい」ことになるかも知れないので。


P.S ブログタイトルを「K's branding」に変更しました。



このブログの人気の投稿

[仕事]3M(ムリ、ムラ、ムダ)を無くす仕組みづくり

[仕事]5W1Hをマーケティングや販促に応用する考え方

[ビジネス/日本]地ビールとクラフトビールの違いについて