ブログを書くことで身に付く3つの力~ネタ/アイデアは「借り物」である~

最近「ブログを書くこと=学習ツール」として捉え始めてから積極的に記事を書いています。
先日,本棚を整理しながら以前読んだ『米国製エリートは本当にすごいのか?』を手に取り
改めて読み直してみました。筆者は米国の大学/大学院教育で主に身に付く3つの能力として,

①多くの知識や経験があること(インプット)

②多くの知識や経験をうまく整理し,つなげる能力があること(プロセス)

③整理された知識,経験をうまく発信する能力があること(アウトプット)

*『米国製エリートは本当にすごいのか?』(著 佐々木紀彦) P.28から引用

を著作の中で指摘していました。日本の大学と異なり米国の大学ではこの3点を徹底的に鍛える
ことで,知的体力を身に付けるです。この辺りは日本の大学も見習う必要があると思いました。

しかし,無い物ねだりをしても仕方ありません。これらを日本の大学教育で身に付けることが
出来ないのであれば,自分で工夫をして身に付ける必要があります。そこでこれらの能力を
身に付ける/鍛えるツールとして「ブログ」が有効なのではないか,というのが今回の記事の
趣旨です。以下は私が考える「ブログを通じて身に付けることのできる3つの力」です。

<ブログを通じて身に付けることのできる3つの力>

①ブログのネタ/アイデアを発想する力(=インプット)

②頭に浮かんだ発想を文章/「形」にする力(=まとめる力)

③「形」にした文章を論理的且つ明快に伝える力(=アウトプット)

私は「ブログを書く」ことで以上の3点の能力を身に付けることができると考えています。

一般的に「ブログを書く」際には「③」が難しいと考えられていますが,私の場合は「①⇒②」
プロセス(=形式化)が難しいと感じます。というのも「①」の段階でぼんやりイメージをすること
が出来ても,「形」(=文章)にまとめられないことが多くあります。時には書くことを断念する場合
もあります。しかし「①⇒②」のプロセスを自分で出来るようになれば,「アイデアを形にする能力
=創造力/発想力」を鍛えることができるようになります。

もう1つブログをあまり書かれない方から「そもそもブログに何を書いたらいいのか分からない」「ブログのネタやアイデアはブロガーのような限られた人にしか思いつかないので,ブログを書いたことの無い私たちには出来ない」という意見をよく耳にします。

確かに,いきなりブログのネタやアイデアが頭に思い浮かんでスラスラと文章を書くことは
非常に難しいでしょう。私もそのようなことは当然ながら出来ないのが現状です。

しかし,「①」は多くの場合誤解が生まれやすいです。つまり「あの人は才能があるからそういうアイデアを思いつけるのだ」という誤解があります。しかし,これは大きな誤解だと私は思います。
もちろん,稀に誰も思いついたことの無いアイデアを思いつく人がいますが例外中の例外です。
一般的な人が文章を書く際のネタ/アイデアを思いつくためには,「幅広いジャンルの読書(量)」
「実体験に基づいたインプットの積み重ね」からしか発想(ネタ/アイデア)は生まれません。

どんなに優れたアイデアも形は違えど「どこかで読んだ文章」「経験を通じて得た感覚」から
自分なりに咀嚼して編集したものなのです。以前,ユーストリームで拝見した代々木ゼミナール
の英語講師である西きょうじ氏の講演会で彼は「人の言葉は全て借り物である」というお話を
されていました。つまり「自分の言葉」というものはこの世に存在しないのです。これと同様に発想
(ネタ/アイデアも)「真のオリジナル」などは存在しないからこそ,人は「借り物から何を発想できるか」がポイントになるのです。

具体的に説明するための余談ですが,以前,MGこと玉置さん「家を出るので本を欲しい人は
私の自宅に来て本を持っていてください」というメッセージをフェイスブック上でされたいたので,
私はMGさんの家に本を貰いに行きました。家に到着すると8つ程度の大きな段ボール箱に本が大量に入っていました。様々なジャンルの本があり,まるで古本屋にいるような感覚でした。もちろんMGさんがこれら全ての本を読んだのかは定かではありませんが,あれほど独創的なアイデアを出すためには「相当量の読書」(=インプット)が必要なのかということを改めて実感させられました。

また,MGさんから頂いた本の中に『富の未来』(著 アルビン・トフラー)があります。本書の説明は割愛しますが,この本の中に「貨幣経済/非貨幣経済」「生産消費者」という言葉があります。これらの言葉やアイデアはまさにMGさんが主張している考えの基礎ではないかと思いました。つまりMGさん程の素晴らしいブロガーでも他者のアイデアを参考にして,そこから自分なりに咀嚼し編集した素晴らしいアイデアを文章にしてフォロワーの皆さんに伝えているのです。

つまり,「面白い発想」や「(一見)誰にも思いつかないアイデア」を出すための近道は「大量の読書」「多くの経験(感度を高める)」を積むことではないでしょうか。人は「経験」(読んだことのある本/実際に体験したこと)からしか発想することは出来ないのです。言いかえれば言葉もアイデアも全て「借り物」なのです。その「借り物から何を発想できるか」が今後さらに重要になると思います。

(エリザベス・ギルバート “創造性を育むには”)

発想力と同様に「創造性」も誤解されやすい概念だと思います。この動画は「創造性」について
自らの「経験」を通じて明快に話をしているので,ぜひこちらも参考にしてください。

<まとめ>

ブログで身に付けることのできる3つの力


①ブログのネタ/アイデアを発想する力(=インプット)

②頭に浮かんだ発想を文章/「形」にする力(=まとめる力)

③「形」にした文章を論理的且つ明快に伝える力(=アウトプット)


私もまだまだ未熟な文章しか書くことが出来ません。今後ブロガーやブログを通じたプロジェクトに関わっている方と交流し,上手な文章を書くためのコツなどを学びたいと考えております。今回の記事や前回までの記事についてご意見やご感想がありましたらお気軽にメッセージをお送りください。

Twitter Kohei_41 http://twitter.com/#!/Kohei_41

Facebook  Kohei Harada http://www.facebook.com/home.php

<最近の人気記事>

「英語」に対する私のスタンス~全ての「英語」は正しい~
http://koheiharada.blogspot.com/2011/12/blog-post_16.html

学びに対する「社会的インセンティブ」を高める必要性~学びが多様化する中で~
http://koheiharada.blogspot.com/2011/12/blog-post.html

フィリピン留学/オンライン英会話に関する16個のまとめ記事
http://koheiharada.blogspot.com/2011/12/16.html

フィリピン留学を成功に近づけるために大事な7つのこと
http://koheiharada.blogspot.com/2011_10_01_archive.html

このブログの人気の投稿

[仕事]3M(ムリ、ムラ、ムダ)を無くす仕組みづくり

[ビジネス/日本]地ビールとクラフトビールの違いについて

[仕事]5W1Hをマーケティングや販促に応用する考え方