5枚の写真が表すフィリピンとfacebookの関係

フィリピン留学から帰国して約2週間が経過しました。私の体もようやく日本の寒さに
慣れてきて嬉しい半面,少し寂しい気持ちを持ちながら日々楽しく生活をしています。

今回は留学中に書いたフィリピン留学日記:フィリピンとfacebook に加筆修正を
する形で,フィリピンでfacebookがどのような形で浸透しているのかについて
私がフィリピン留学中に撮影した「5枚」の写真を基に書くことにしました。

特にフィリピンは全人口約1億人の内,約2500万人がフェイスブックをやっている
という統計データもあります。アジアだけではなく世界的に見ても人口に対する
ユーザー数の割合は高いと言えるでしょう。それだけフィリピン国民にとって
フェイスブックは「生活の一部」と化しているのだと思います。

Philippines Facebook Statistics 

アジア主要国のFacebook普及率をグラフ化してみる

① facebookのロゴ入りTシャツ(300ペソ 日本円で約600円)


通っていた語学学校から1時間かかるショッピングモールで購入
しました。もちろん公式ではないですが,意外によく出来ているの
には正直驚きました。フィリピンではこうした形で公式か疑わしい
商品が意外に多くあります。
他にもTwitterやYoutubeのロゴが
入ったTシャツが売られていました。ちなみに留学中に行った
「Facebook」に関するプレゼンはこのTシャツを着てやりました。

② 地元の新聞広告 米国大手自動車メーカー


フィリピンの新聞に掲載されていた米国大手自動車
メーカーであるフォードの広告です。日本ではあまり
見かけないタイプの広告だと思います。自動車業界
に関わらず他の業界の広告もこのような形で掲載
されていました。特に下記の「Jollibee」と「Cebu Pacific Air」
は積極的に広告を掲載しています。日本でも後1・2年の
間にこのような広告が普及してくると思います。

Ford Philippines (米国大手自動車メーカー)

Jollibee (フィリピンで最も人気のあるファストフード店)

Cebu Pacific Air (フィリピンで最も有名な格安航空会社)


③ スターバックス 店内の掲示板に掲載


フィリピンでもお馴染みのスターバックスの店内に
このような張り紙が掲載されていました。このような
形でプロモーションをするのは,もはや「普通」なの
であろうと思いました。より自らのお店をお客様に
知って頂く手段として「facebook」を利用している状況
です。今後,日本でも普及してくると思います。

Starbucks Philippines 
http://www.facebook.com/StarbucksPhilippines

④ HTCの携帯電話 下に特徴的な「f」のボタン

















マニラにあるアジアでも1位・2位の規模を誇る
MOA(モール・オブ・アジア)で見つけた不思議な
携帯電話です。フィリピン人にとってfacebookが
いかに身近であるかを示す良い例だと思います。
まさにfacebookを中心に設計された携帯電話ですね。
ちなみにフィリピン国内で普及している携帯メーカーは
ノキアやサムスンです。ただ近年はiPhoneやその他の
スマートフォンを利用する人が増加しているようです。

HTC PHILIPPINES
http://www.facebook.com/HTCPH?ref=ts&sk=wall



⑤ facebookに夢中になる親子3人
















フィリピンのショッピングモール内で頻繁に見かける
PCを利用できるスペース(有料)があります。そこで
恐らく親子であろう3人が揃ってfacebookをしている
という微笑ましい光景です。正直,これには驚きました。
フィリピン人ユーザーの中には「Facebook Addiction」
つまり,「フェイスブックに強く依存している人」も多く
恐らくいるでしょう。この点で言えば,日本人ユーザー
も注意する必要が出てくるでしょう。


◆まとめ


上記5枚の写真を通じてフィリピンとfacebookの関係が少しご理解
できたかと思います。もちろんこれらが全てでは無いですし,私も
たった3カ月の間で見たものです。しかし,今後フィリピンを含めた
アジア地域でビジネスを展開しようとお考えになられている方は,
言語などを含め各国に対応したfacebookページを作成する必要が
あるでしょう。私もフィリピンを中心にアジア各国のfacebook事情を
調査してみたいと考えています。

今後ともよろしくお願いします!


明治大学 4年 原田 康平

Twitter : Kohei_41
http://twitter.com/#!/Kohei_41


Facebook : Kohei Harada
http://p.tl/DhkB


このブログの人気の投稿

[ビジネス/日本]地ビールとクラフトビールの違いについて

[仕事]5W1Hをマーケティングや販促に応用する考え方

[仕事]3M(ムリ、ムラ、ムダ)を無くす仕組みづくり