「ソーシャルメディア」と「優秀な学生」の関係を考える

ソーシャルメディアを積極的に利用する学生を頻繁に
ツイッターのTL等で見かけるようになり,また,一部の
企業ではツイッターのフォロワー数やフェイスブックの
友達数を初期段階の選考に利用したり,「エゴサーチ」
と称して,応募者の持つ「背景」を調べようとしたりして
います。




<関連記事>


優秀とは何か
http://d.hatena.ne.jp/jigen88jigen/20090811/1249961807


Facebookは優秀な学生の囲い込みに使えるか?
http://careerzine.jp/article/detail/2062


優秀な学生なんてそもそも存在しない
http://ameblo.jp/masato119/entry-11150959598.html

今回このような記事を書くキッカケになったのは,ある後輩
と会話をしていた時に,彼に言われた一言でした。これは,
昨今のソーシャルリクルーティング(就職活動)が話題に
なる中で考えておくべきことだと思います。



後輩:積極的にソーシャルメディアを利用して情報発信を
しながらそれをキッカケに,色んな人に出会って会話をして
いますよね。普通の学生よりも,優秀だと思いますよ。」


私:「それが,優秀と言えるかどうかは分からないけどね。」


優秀」という言葉は,環境や文脈によって大きく変わる言葉
だと考えており,その意味で,極めて曖昧な言葉だと思います。


別に,ツイッターのフォロワー数やフェイスブックの友達数が,
現状の社会において「優秀さ」を担保するモノにはなり得ない
と思います。「評価経済社会」という文脈なら,まだ評価され
得るも知れませんが,それが本当なのかどうかは分かり
せん。


また個人的に,ソーシャルメディアを利用する中で「優秀(だと
思われる)」学生は,元々,そのようなスキルを持ちわせ
いるだけかも知れませんが一般的に「対人スキル(コミュニケ
ーションは高いと感じています。


特に,ツイッターでフォロワーさんとお会いするためには,日程
や場所などの段取りや,その後のお礼のメールを送信すること
や,初対面の人と会話する際の,「対人スキル」などインター
ット社会だけではなく,リアルな社会でも求められる社会的ス
キルが必要とされており,それを鍛えることは十分に可能です。


この「社会的スキル」の高さが,一般的に「ソーシャルメディア
と「優秀な学生」という関係を読み解くカギになるかと思います。



また,私はソーシャルメディアを利用する中で,どのような情報
発信すれば,フォロワーにどの程度刺さる(反応があるか)
など,疑似マーケティングを考えながらやっていますが,
れが社会の中でどのように生かされるかを評価するのは
私ではく「社会」であり「組織(企業)」だと思います。


むしろ,ソーシャルメディアを利用する過程で身に付けた対人
スキル」(段取り力/調整力)や社会に対する「嗅覚」を鍛える
ことができているとは思います。,もしかしたら,後輩にはその
ことが「優秀さ」に繋がっているように見えたのかもしれません。


しかし,私は自分のことを「優秀な学生」だと思ったことは,
ありませんし,ソーシャルメディアを使わずとも自分よりも
活発に行動している「優秀な学生」を数多く知っています。


ソーシャルメディア(の利用)」と「優秀な学生」の間
には,そこまで強い関係はない,というのが私の見解です。


特に,学生はソーシャルメディアを利用してフォロワー/友達を
多く獲得しても,自惚れないように気をつけましょう。「優秀さ」
は,そんな簡単に測定/評価できるものではありません。


そんな,私も時に「勘違い」を起こしてしまうかもしれないので,
自戒も込めて今回このような記事を書いてきました。何か気に
なることがありましたら,ご気軽に連絡してください。

このブログの人気の投稿

[ビジネス/日本]地ビールとクラフトビールの違いについて

[仕事]5W1Hをマーケティングや販促に応用する考え方

[仕事]3M(ムリ、ムラ、ムダ)を無くす仕組みづくり