「価値あるもの」を追い求めて


「自分にとって価値があると思えるものを伝えること」


日常的に大好きなツイッター,フェイスブック,ブログ

利用していますが,「なぜ好きなのか」を今まで深く考
えたことはありませんでした。そこで,ここ最近「自分は
好きで,どういうことに喜びを感じるのか
」を考え
みようと思いました。

参考文献

35歳までに読むキャリア(しごとえらび)の教科書

ソーシャルメディアで漠然と「何かをやりたい」という考え
を以前から持っていました。だからこそ,漠然とIT業界に
進みたいのかな(?)と「甘い」考えが正直ありました。

(「手段の目的化」に陥っていたことが原因で,動機や
能力を見誤っていたと思います。)

しかし,よく考えるとソーシャルメディア始めインターネット
は「何を伝えるのか,何を伝えたいのか」を実現するため
の「ツール(手段)」であるということに気付きました。


つまり,大事なのは「何を」(目的/問題)の部分に,自分
あるいは,相手にとって「価値があると思えるモノ」を
有することが,自分にとっての「喜び」であり「動機」だ
思うようになりました。


ここでの「価値あるもの」とは,「他人に自信を持って進め
ることができる情報,サービス,商品」だと考えています。


自分にとって価値があると思え,他人が喜んで(楽しんで)
もらえるモノ,サービス,商品を共有してさらにその喜びを
共有することが好きのだと感じています。


例えば,自分が読んで感銘を受けた本役に立った情報
相手に喜ばれる情報などそれを見つけて伝えたいという想
いが
強く,だからこそツイッター始めソーシャルメディアを多
しているのだと思います。


その意味で考えれば,私にとってソーシャルメディアは
価値
ある何か」を伝えるための「ツール」なのです。


逆に,自分が知らない情報を他人が教えてくれた時や,

面白いコンテンツを一緒にみんなが知らない情報を共有
できた時の感覚は,本当に大好きだと感じています。


なので,具体的に「〇〇をやりたい」というものは,決まって
いる訳ではありません。やる中でしか見つからないと考えて
います。むしろ,自分がビビッと感じる価値あるものをツール
用いて多くの人に知ってほしいという「伝えたい」という想
変わることはないと思います。

今は,「価値があると信じられるもの」を求めているのです。


このブログの人気の投稿

[仕事]3M(ムリ、ムラ、ムダ)を無くす仕組みづくり

[仕事]5W1Hをマーケティングや販促に応用する考え方

[ビジネス/日本]地ビールとクラフトビールの違いについて