スキップしてメイン コンテンツに移動

チェンジメーカー留学inベトナムから1年 今,思う3つのこと

昨年,3月10日から17日まで「チェンジメーカー留学inベトナム
という企画で,ベトナムの中部地方を訪れてから約1年が経過し
ようとしています。



ベトナムに行くまで,「アジア」に全く興味が無かった私が,この
企画をキッカケにアジアに対する興味が湧き,「フィリピン」に
行くことに繋がったという意味で,大きな意味のある出来事で
あった,と感じています。


約1年前にベトナムで感じたことを,もう1度振り返ると同時に
今後の方向性や進路選択の参考にしようと思い,ブログを書
きました。

(ちょうど,3月11日 東日本大地震が起きたというニュースが
ベトナムにいながらも伝わり,現地新聞の一面にも掲載され
ていたことで,この出来ごとは忘れならない記憶となっていま

す。)


<ベトナムを訪れて大きく変わった3つの価値観>


①グローバル化(アウトソーシング)


この辺りは,以前書いた記事にも掲載しているので,そちら
参考にしてください。この経験は,今でも良く覚えています。


日本企業からのアウトソーシングを受託する現地企業を訪問
した際,日本語を流暢に使いこなすベトナム人が,日本関連
仕事をしていました。彼らの給料は,物価や経済差など
考慮しても日本人の給料の「20分の1」程度と聴きました。


従来,「日本人の仕事」・「日本で行われた仕事」だと勝手に
思いこんでいた仕事が,まさかベトナムに流れているとは思い
ませんでした。しかし,このような事実を目の前で見た経験は
今の自分の「価値観」に大きな影響を与えてくれた思います。


この経験が,「日本だけに留まらずに,アジアの現状をもっと
見たい。世界中で仕事をしていくためには,「英語」が必要だ
と感じ,就職活動を一時的に止めて(休学),「フィリピン」に
語学留学をすることに決めました。


フィリピンにも欧米企業のコールセンター事業が,「安価で
英語が堪能な労働力」を求めて,アウトソーシングしている
,という話を聴いたり,『フラット化する世界』を読んだりして
いたので,ベトナムと同じようなことがフィリピンでも起きて
いるんだなと,改めて感じる瞬間でした。


②日本人/日本語の価値


この企画にコーディネーターとして同行して頂いた,川村さん
唐津さんとの出会いは,「日本人/日本語の価値」を感じる
ことに繋がりました。


ベトナムに行く前は,お二人とも「ベトナム語」や「英語」で仕事
をしていると思っていましたが,なんと「日本語」を主に使いな
がら仕事をしているとのことでした。


今回の企画や旅行ツアーの企画など,日本人向けの仕事
をするとなれば,当然「日本語」を用いた仕事になりますし,
ベトナムで日本語を話せる人,まして「日本人」という存在
既に貴重な状況でした。(昨今の日本企業のベトナムへ
積極的な進出を考えれば,尚更だと思います。)


ベトナム進出の日本企業 1月末で1542社に
http://jp.ibtimes.com/articles/26970/20120217/1329444000.htm


つまり,海外でも日本語/日本人の価値を発揮することは
十分に可能だということに気付くことが出来ました。もちろん
,日本と異なる文化や生活のため厳しい環境であることは
間違いありませんが,「言葉」が原因でアジアで働くこと
める必要はない,と云うことを知った貴重な体験でした。


③アジア(新興国)と日本の可能性


私が感じる新興国の魅力は,「未整備かつ不自由な環境
だと思います。一方で,日本の魅力は,「整備された自由な
環境」だと思います。特に,新興国の道路や水道などのイン
フラは整っておらず,バスなどの時刻はいい加減だけども,
その中でも「些細なこと」を気にせず寛容に,成長を信じて
いる姿は,先人たちの功労により「成熟」し,何もかも満た
された日本では感じることのできない「雰囲気」です。


さらに,ベトナム国民の平均年齢は約27歳,他のアジア諸国
の多くも同様に20歳台を維持しています。一方で,日本は44
歳という状況です。「若さ」(国の活発さ,盛り上がり)などに関し
は,圧倒的にアジア新興国が勝るのではないでしょうか。


しかし,他のアジア新興国での「日本(人)ブランド」は未だに
高いと云えます。まさに,「信頼(信用)」を基に成り立ってい
ます。ややもすると,自虐にハマりやすい日本ですが,一旦
外に出ると,今まで知らなかった「日本像」を知ることができ
と思います。


このような「信頼(信用)」を生かし,SNSなどのツールを利用
しながら,アジア新興国を縦横無尽に駆け巡ることができる
時代なのですから,積極的に外に飛び出して行きましょう。




<最後に>


この企画を通じて出会った仲間や社会人の方と,今でも
親交があり,別の企画でも共に行動させて頂いています。


まさに,「人のご縁」に生かされ,助けられていることを実感
する日々が続いています。9月に大学卒業を卒業した後に,
インド中国を中心にアジアの国々を旅行したり,活躍する
日本人の方へのインタビュー記事を書いたり,したいと考え
ています。(先ずは,就職を決めることが重要ですが


嬉しいことに,第3期チェンジメーカー留学inベトナム」が催行
されることが決まったことで,新たな日本人学生がまたアジア
ベトナムの可能性と魅力に気付くことになります。


将来的にも,アジアで仕事やビジネスをしたいと考えているので
,もし「アジアで〇〇をやっていますよ!」という方がいらっしゃ
れば,ぜひ教えてください。今後とも,よろしくお願いします。


【お知らせ①】2か月前から英語専用のフェイスブックページを運用しています。今回のように海外の大学で行われた著名人による卒業スピーチや海外メディアが報じているニュースなどを中心にウォールで公開しています。世界中の英語で発信されているコンテンツに興味のある方はぜひ「いいね!」をお願いします。

【お知らせ②】学生や社会人の方で、直接お会いしてお話させて頂ける方がいらっしゃいましたら、お気軽にフェイスブックのメッセージにご連絡ください。(友達申請はお会いした方のみとさせて頂きます。)カフェやランチでの交流なども大歓迎です。特に「ソーシャルメディア」「フィリピン留学/オンライン英会話」などの話はご協力出来ると思います。







このブログの人気の投稿

[仕事]3M(ムリ、ムラ、ムダ)を無くす仕組みづくり

つい最近、ある人から言われた言葉がとても印象に残っています。特に、中小零細企業やスタートアップ企業に所属している方には思い当たる節があるのではないでしょうか。


http://automotive-seo.net/2013/01/21/fix-your-seo-today-with-3-quick-tips/

創業間もない組織は「ムリ、ムダ、ムラ」と言われる3Mがとにかく多い。つまり、ムリ(過剰な労働時間)、ムダ(非効率な業務)、ムラ(成果物の低い精度)ということに分類することが出来ると思います。これらが起こりうる最大の要因は、大手企業のように過去の歴史で作り上げられてきた業務の仕組みが欠如しているからです。


もちろん、過去の遺産的な仕組みが原因で機能不全を起こしている企業が多いのも事実です。しかし、中小零細企業やスタートアップ企業は真剣に「ムリ、ムダ、ムラ」を無くすための仕組みを構築する必要があります。いかに短時間で効率よく精度の高い成果物を出すことが出来るのか、つまり労働生産性を常に意識して働いていこうと思います。


[仕事]5W1Hをマーケティングや販促に応用する考え方

社会人になってから上司に報告する機会が非常に増えています。そんな時に頻繁に言われるのが「5W1Hを利用しながら分かりやすく伝えなさい」というものです。文書を書く際の基本として絶対に身につけるべきフレームワークだと思っています。

http://blog.livedoor.jp/kenji_418/archives/64686758.html


Who=誰が(主語)
Where=どこで(場所)
What=何を(内容)
When=いつ(納期)
Why=なぜ(理由)
How=どのように(手段)


このフレームワークを考えながらネットサーフィンをしていたところ、5W1Hをマーケティングや販促に応用する考え方を知りました。マーケティングの基本的なフレームワークとして有名なのは「4P」ですが、それを5W1Hに置き換えるとより具体的で分かりやすく感じます。


マーケティングも販促も基本は5W1H
http://blog.mcbbt.com/5w1h-2/


Who=誰が:ターゲット
Where=どこで:Place
What=何を:Product
How =どのように:Promotion
How much=いくらで:Price

When=いつ:季節、時間、期間
Why=なぜ:販促キャンペーンの理由/動機


※基本は「誰に何をいくらでどのように売るか


このフレームワークに沿って、さらに具体的な数値やロジックを用いて社内で提案すれば受け入れられる可能性が大幅に向上するのではないでしょうか。もちろん、知識として知っているのと、実践できるのとでは大きな違いはあります。先ずは、メモ帳に書いていつもチェックするように心掛けて見ようと思います。


なぜ,男子はリクスー女子に萌えるのか

昨日,ある方とのランチ&カフェを楽しんだ後の帰り道,
ふと「あること」に気が付きTwitterでツイートをしました。


男子の多くが,リクルートスーツ女子に「萌える」理由は そこに
「非日常」を見い出すからだ。「日常」である場合,そこに「萌え」
という感情は湧かない。ある意味で,「着物」や「浴衣」と同じな
のかもしれない。 #ひとりごと


皆さんからすれば,「君はなんてことを考えているのだ!」
とお叱りを受けそうですが,僕はいたって真面目です(キリッ


4月に入り就職活動の選考が本格化したことにより,リクルート
スーツを着た就職活動生が忙しそうにしている姿を駅や学校な
どで頻繁に見かけるようなりました。



リクルートスーツに関しては,以前から「学生の個性を消している」や「皆が同じ格好をしていて気味が悪い」などのような意見が盛んに言われ,常に議論の的になっているのが現状です。(企業の中には,私服での入社式を行う場合もあるようです。)






高島屋がスーツ禁止の入社式
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120401/k10014129411000.html


このような議論があるとは言え,基本的に日本の就職活動で
は「リクルートスーツ」着用が義務ではなくても,暗黙の了解と
して認知されているのが現状です。


しかしそんな中,世の男子の多く(正確な数値は不明)は,リク
ルートスーツを着た女子(=リクスー女子)を見て「カワイイ」あ
るいは「萌え」という感情を抱いている場合が多いです。


反対に,世の女子の多く(正確な数値は不明)は,リクルート
スーツを着た男子(=リクスー男子)を「カッコイイ」という印象
を抱く場合が多いようです。(あくまでも,個人の主観です)


では,ここで皆さんと一緒に考えたい「問い」があります。


「なぜ,多くの男子はリクスー女子に萌えるのか?」


(皆さん,それぞれ好み(または性癖w)などはあるとは思い
ますが,一般的な傾向として理解して頂けると助かります。)


正解が何であるかは不明ですが,私自身はそこに「非日常」
を見い出すことが可能だからだと思います。意味不明だと思
う方もいると思うので,具体例などを用いて説明します。


もし,女子の皆さんが日常的にリクルートスーツを私服と同じ
ように着ていたとしたら,男子の皆さんはどのように思われま
すか?恐らく,いつもと変わらぬ光景(服装)だと思い,気にも
留めない…