スキップしてメイン コンテンツに移動

被災地ボランティアで感じたことを綴る @石巻市牡鹿半島



昨日の3月10日に,東日本大震災の被災地である宮城県
石巻市牡鹿半島大原浜という地域に,
助け合いジャパン
のサイトに掲載されていた企画の「
1日被災地ボランティア」
として参加
してきました。

今回の企画に参加した動機や被災地ボランティアとして感じた

こと(現地の状況)などを,ブログにまとめて書きたいと思います。

①参加した動機



昨年,東日本大震災が起きた3月11日に私は日本ではなくベト
ナムにいました。当日,成田空港からベトナム・ダナンに到着
現地のホテルに到着すると,「日本で地震が起きた」という
情報が伝わりました。

確認のためにホテルのテレビを見ると,CNNが地震に伴う
津波による被害を伝える映像が流れてきました。その時に,
企画の日本人参加者たちは,無言でテレビの前に固まって
しまったことを今でも覚えています。

私たちは,ここ(ベトナム)に居ていいのだろうか・・・

ただ,あの時の「地震」(あるいは津波)を体験していないこと
でどこか「実感が湧かないことによるモヤモヤ」がありました。
もちろん,そのような悲惨な経験をせずに済んだことは幸運な

ことだとは思います。しかし,どこか「他人事」として捉えてしま
う自分がいたことを恥ずかしく思うようになっていました。

その後,被災地に赴きボランティアなどをしようと考えていま
したが,なかなか踏み切れずにいました。しかし,3月11日を
前に「自分の目で被災地を見る」必要があると改めて感じて
実際に行くことにしました。

もちろん,1日だけで全てのモヤモヤが晴れる訳ではありませ
んが,少しで現地を感じ少しでもお役にたてることができたか
と思います。


②ボランティアとして感じたこと


昨日,宮城県石巻市牡鹿半島の大原浜に伺いました。現地
様子は,「更地」が多いという印象でした。それ
も,まるで
ら「何もなかった」かのようにキレイな状態がそこにありました。



津波の被害により,海近くに建てられていた家々が全て流さ
てしまい,残ったのは大量の瓦礫とヘドロだらけの土でした。

この津波の被害により,そこに住む人の3分の1が外部に流出
してしまったというお話を聞きました。やむを得ず出てしまった
人たちが,またそこに戻って住みたいと思えるように清掃作業
を行い町をキレイにしてほしい
,と現地スタッフの方に言われ
たことを覚えています。




雪が降り,足元のヘドロに苦戦しながら約5時間清掃作業を

総勢60人のボランティアと共に活動をしました。ここで感じた
ことの1つに,「わざわざ自費でボランティアに参加する大人
の多さ
」があります。また,家族連れで参加する方もいました。

しかも,その多くの方が「リピーター」(ボランティア経験がある)
という方が多くいらっしゃいました。私は,この状況を実際に見
て「まだまだ,日本も捨てたもんじゃない」と感じる瞬間でした。


③最後に

1つのことにエネルギーを注ぎ,問題を解決するために人が
現場に集まることができるだけでも,まだ日本(人)にも希望
があるのではないでしょうか。


また,私と同じ「大学生」の皆さんに伝えることができることが
あるとすれば,「あなたでも十分に力になれる」ということです。

別に,説教でも青臭い話でもありません。力仕事含めて,明ら
かに大学生含めた若者が活躍できる場所が,そこにはあると
感じました。ややもすると,雇用などの問題から社会から必要
とされていないと感じやすい現状が,今の日本社会にはありま
すが,少なくとも被災地はそういった若者の力を必要としている
のではないでしょうか。

偉そうなことを言ってしまいましたが,私ももう1度ボランティア
として被災地を訪れたいと思っています。「継続的な援助」がこ
からも必要になるからです。

このブログの人気の投稿

[仕事]3M(ムリ、ムラ、ムダ)を無くす仕組みづくり

つい最近、ある人から言われた言葉がとても印象に残っています。特に、中小零細企業やスタートアップ企業に所属している方には思い当たる節があるのではないでしょうか。


http://automotive-seo.net/2013/01/21/fix-your-seo-today-with-3-quick-tips/

創業間もない組織は「ムリ、ムダ、ムラ」と言われる3Mがとにかく多い。つまり、ムリ(過剰な労働時間)、ムダ(非効率な業務)、ムラ(成果物の低い精度)ということに分類することが出来ると思います。これらが起こりうる最大の要因は、大手企業のように過去の歴史で作り上げられてきた業務の仕組みが欠如しているからです。


もちろん、過去の遺産的な仕組みが原因で機能不全を起こしている企業が多いのも事実です。しかし、中小零細企業やスタートアップ企業は真剣に「ムリ、ムダ、ムラ」を無くすための仕組みを構築する必要があります。いかに短時間で効率よく精度の高い成果物を出すことが出来るのか、つまり労働生産性を常に意識して働いていこうと思います。


[仕事]5W1Hをマーケティングや販促に応用する考え方

社会人になってから上司に報告する機会が非常に増えています。そんな時に頻繁に言われるのが「5W1Hを利用しながら分かりやすく伝えなさい」というものです。文書を書く際の基本として絶対に身につけるべきフレームワークだと思っています。

http://blog.livedoor.jp/kenji_418/archives/64686758.html


Who=誰が(主語)
Where=どこで(場所)
What=何を(内容)
When=いつ(納期)
Why=なぜ(理由)
How=どのように(手段)


このフレームワークを考えながらネットサーフィンをしていたところ、5W1Hをマーケティングや販促に応用する考え方を知りました。マーケティングの基本的なフレームワークとして有名なのは「4P」ですが、それを5W1Hに置き換えるとより具体的で分かりやすく感じます。


マーケティングも販促も基本は5W1H
http://blog.mcbbt.com/5w1h-2/


Who=誰が:ターゲット
Where=どこで:Place
What=何を:Product
How =どのように:Promotion
How much=いくらで:Price

When=いつ:季節、時間、期間
Why=なぜ:販促キャンペーンの理由/動機


※基本は「誰に何をいくらでどのように売るか


このフレームワークに沿って、さらに具体的な数値やロジックを用いて社内で提案すれば受け入れられる可能性が大幅に向上するのではないでしょうか。もちろん、知識として知っているのと、実践できるのとでは大きな違いはあります。先ずは、メモ帳に書いていつもチェックするように心掛けて見ようと思います。


[ビジネス/日本]地ビールとクラフトビールの違いについて

こんにちは、毎週恒例のブログ更新です。




Craft Beer from Michael Jolly on Vimeo.


前回の記事では米国ニューハンプシャー州でナノブルワリーに対する販売・製造免許取得の規制緩和案が施行されたことによる、ナノブルワリー増加とそれに伴う課題について紹介しました。確かにナノブルワリーあるいはマイクロブルワリーの課題は製品の品質管理市場への安定供給である、という指摘には強く共感せざるを得ません。



さて、今回は前回とは趣向をガラッと変えてもっと根本的な部分を問い直してみたいと思います。ずばり「地ビールとクラフトビールの違いについて」です。近年、日本でもクラフトビール専門店が都内を中心に数多く点在しており、クラフトビールという言葉はだいぶ世間に浸透してきたものの、多くの人が地ビールとクラフトビールを混同して理解しているような気がします。そこで私見という形で地ビールとクラフトビールの違いについてまとめてみます。



そもそも、地ビールという言葉が広く知られるようになった契機は1994年の規制緩和によりビールの最低製造量が従来の2000klから60klに引き下げられたことでした。この緩和策により日本全国に小さなビール醸造所が数多く誕生したことにより大きな地ビールブームが起きました。この時代の地ビールはいわゆる観光地の土産品というイメージが強く、小規模醸造のため価格が高い、一般的なビールとは異なりクセがある、パッケージのデザインが洗練されていない、などネガティブなイメージがつきまとってしまい結果的に地ビールブームは終焉を迎え、数多くのビール醸造所が姿を消したと云われています。



そして現在は地ビールからクラフトビールという言葉を頻繁に耳にするようになりました。元々、クラフトビールという言葉自体は英語の「Craft beer」であり意味としては「クラフトマンシップ(職人的精神)を持つ人たちがビールの違いやこだわりを求めて醸造したビール」というのが適当だと思われます。その意味で云うと、地ビールはその土地に根付いたビール、英語で云うと「Local beer」という表現が当てはまるような気がします。



もちろん、どちらの言葉が本質的に正しい/正しくない、良い/悪いなどという明確な基準もありませんし、正確な定義も未だに存在していません。しかし、地ビールは「その土地に根付いたロ…