【オピニオン】拝啓、 内定者の皆様へ 「後輩のため」って本当ですか?

こんにちは,毎週恒例のブログ更新です。


今朝,このようなツイートをしたところ反響があったので紹介します。




就職ナビサイトの12月オープンを間近に就職活動を控える大学3年生のために,既に企業から内定を獲得した大学4年生が内定者団体という形で彼らにアドバイスをするというイベントやセミナーをTwitter上でよく見かけます。


このようなイベントやセミナーを通じて後輩である大学3年生を支援したい,という純粋な気持ちを持つ方が大勢いることは良いことだと思います。しかし,私はこのようなイベントを見る度にある違和感を持ってしまいます。それは,


これって本当に後輩のためにやっているの?


先ほどのツイートにも書きましたが,企業から内定を獲得した大学4年生の中に内定者ハイ」という感覚があるのではないかと私は考えています。つまり,自分が就職活動を通じて企業や社会から認められた状態(社会的承認)が冷めやらぬまま,就活を控えた大学3年生に鼻高々と自分の成功体験を語ってしまうのです。


私は彼らが「後輩のため」にという純粋な想いがあり,その上でそのようなイベントを企画すること自体に異論はありませんし,努力の末に意中の企業から内定を獲得したこと自体は素晴らしいことだと思います。


しかし,意識的にあるいは無意識の内に自らの承認欲求を満たすために後輩である大学3年生に就職活動の成功体験を自慢げに語っているとしたら非常にヤバいと感じます。


少なくとも私が好意にしている人たちは,「内定者ハイ」という幻想に惑わされずに淡々と自らのやるべきことをやっています。そんな彼らを私は尊敬していますし,絶対に負けたくないとも思っています。


今回の文章について皆さんはどのように考えましたか?感想や意見がありましたら,お気軽にメッセージを飛ばしてください。みんなで一緒に今回のことについて考えてみましょう。


もし今回の記事について「いいね!」と思ったら以下にあるソーシャルボタンでお気軽に記事をシェア(共有)してくださると非常に嬉しいです。また,ご感想やご意見などもお待ちしております。お読み頂きありがとうございました。今後とも宜しくお願いします。



このブログの人気の投稿

[ビジネス/日本]地ビールとクラフトビールの違いについて

[仕事]5W1Hをマーケティングや販促に応用する考え方

[仕事]3M(ムリ、ムラ、ムダ)を無くす仕組みづくり