スキップしてメイン コンテンツに移動

【考察】全ての中小企業が参考にしたい!ある語学学校の卒業生コミュニティーが生みだす“応援という名の広告”について


こんにちは、毎週恒例のブログ更新です。






先日のフィリピン滞在中に昨年9月から3ヶ月間お世話になった語学学校であるCNE1に訪問しました。今回は日本代表である井坂浩章氏との2時間に及ぶ会話の中で卒業生として改めて気付いたことをマーケティングの観点から考え、広告予算や人材不足に悩む中小企業にも役立つ(応用可能)ような内容を書きます。



先ずは、CNE1の特徴について簡単にまとめていく。



学校はサンマニュエル市ターラック州に位置しており、ニノイアキノ国際空港からバスで4〜5時間、クラーク空港からバスで3時間のアクセス。アクセスはマニラやセブにある英語学校と比べて良いとは言えないが、周りに自然が多くあり勉強に集中できる環境である。



CNE1のマーケティング戦略のポリシーの1つとして「留学エージェントを使用しない」というのが挙げられる。この点について井坂氏は「留学エージェントに広告を掲載せずに、その浮いた分の費用を生徒様の留学費用に還元すべきだ」と仰っている。また、宣伝手段としては井坂氏のTwitterフォロワー約3000人)がメインで、その他は卒業生による「口コミ」のみである。



ここで大きな疑問が1つ浮かぶ。なぜマニラやセブの語学学校よりもアクセスが悪く、また留学エージェントを使用せずに通常は閑散期である10月に日本人生徒約50名を確保しその人気を維持することができているのか、ということである。



この疑問を考える上で様々な要素が考えられるが、私が1番重要だと思うことは先ほど指摘した卒業生による「口コミ」である。さらに、この口コミを加速させているのが卒業生が自発的に集まる「コミュニティ」の存在である。ポイントは卒業生自身がTwitterFacebookなどのソーシャウェブを駆使し、自発的かつ緩やかにコミュニティ、ある種のムラを形成していることである。



彼らは、この緩やかなコミュニティ内に他の卒業生や留学予定者を招き入れ、自身の留学体験記や留学中の思い出を皆で共有する流れが生まれる。すると、自然に学校への愛着(エンゲージメント、ロイヤリティ)が深まり、口コミがさらに加速して伝わるようになる。つまり、コミニュティー内に大きなバイラルが生まれるのである。(2012年3月には関西会、東京会、東北会が全国各地で行われた






ファンでありサポーターでもある彼らは、ある意味で「マーケティング部隊」の役割を担っているに等しいと私自身は思う。また、コミュニティーだけではなくオンライン上のソーシャルメディアへ学校に対する想いやメッセージを何気なく書き残すことで、それ自体が「広告」(従来の“意図を含む広告”ではなく、”何気ない”消費者自身の生の声を反映している)の役割を果たす。これこそが、CNE1の最大の強みである。



それでは、他の中小企業もソーシャルウェブを駆使さえすればCNE1のように消費者による自発的なコミニュティー(ファンクラブ)の形成を促し、自然と口コミが発生するのだろうか。恐らくその考え方は間違っている。あくまでも大前提となるのは「本業に対する評価(満足度)」の高さである。



この現代社会の中で、多くの消費者は日々忙しい生活を過ごしている。そんな彼らが貴重な時間を利用してなぜわざわざソーシャルウェブへの書き込みや会話をしてくれるのかを再考する必要がある。それは、彼らが自社のサービスや製品に感動して満足感を抱いたからである。つまり、口コミの発生やコミュニティーの形成において最も大事なことは「自社のサービス並びに商品の満足度を高める」に尽きる。



これを行えば、消費者は自発的にその想いを周りの人々に共有しようとする。TwitterやFacebookなどソーシャルウェブへの何気ない書き込み、フィリピン留学に興味がある人への何気ない推薦。これら全てが自社に対する「応援という名の広告」になる。中小企業の方々は自社のリソース不足を嘆く前に、先ずはもう1度原点に立ち返り消費者の「満足度」を高めることに意識を置いてみてはいかがであろうか。




もし今回の記事について「いいね!」と思ったら以下にあるソーシャルボタンでお気軽に記事をシェア(共有)してくださると非常に嬉しいです。もし興味がある方は私のTwitter(@Kohei_41)をフォローしてみてください。





このブログの人気の投稿

[仕事]3M(ムリ、ムラ、ムダ)を無くす仕組みづくり

つい最近、ある人から言われた言葉がとても印象に残っています。特に、中小零細企業やスタートアップ企業に所属している方には思い当たる節があるのではないでしょうか。


http://automotive-seo.net/2013/01/21/fix-your-seo-today-with-3-quick-tips/

創業間もない組織は「ムリ、ムダ、ムラ」と言われる3Mがとにかく多い。つまり、ムリ(過剰な労働時間)、ムダ(非効率な業務)、ムラ(成果物の低い精度)ということに分類することが出来ると思います。これらが起こりうる最大の要因は、大手企業のように過去の歴史で作り上げられてきた業務の仕組みが欠如しているからです。


もちろん、過去の遺産的な仕組みが原因で機能不全を起こしている企業が多いのも事実です。しかし、中小零細企業やスタートアップ企業は真剣に「ムリ、ムダ、ムラ」を無くすための仕組みを構築する必要があります。いかに短時間で効率よく精度の高い成果物を出すことが出来るのか、つまり労働生産性を常に意識して働いていこうと思います。


なぜ,男子はリクスー女子に萌えるのか

昨日,ある方とのランチ&カフェを楽しんだ後の帰り道,
ふと「あること」に気が付きTwitterでツイートをしました。


男子の多くが,リクルートスーツ女子に「萌える」理由は そこに
「非日常」を見い出すからだ。「日常」である場合,そこに「萌え」
という感情は湧かない。ある意味で,「着物」や「浴衣」と同じな
のかもしれない。 #ひとりごと


皆さんからすれば,「君はなんてことを考えているのだ!」
とお叱りを受けそうですが,僕はいたって真面目です(キリッ


4月に入り就職活動の選考が本格化したことにより,リクルート
スーツを着た就職活動生が忙しそうにしている姿を駅や学校な
どで頻繁に見かけるようなりました。



リクルートスーツに関しては,以前から「学生の個性を消している」や「皆が同じ格好をしていて気味が悪い」などのような意見が盛んに言われ,常に議論の的になっているのが現状です。(企業の中には,私服での入社式を行う場合もあるようです。)






高島屋がスーツ禁止の入社式
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120401/k10014129411000.html


このような議論があるとは言え,基本的に日本の就職活動で
は「リクルートスーツ」着用が義務ではなくても,暗黙の了解と
して認知されているのが現状です。


しかしそんな中,世の男子の多く(正確な数値は不明)は,リク
ルートスーツを着た女子(=リクスー女子)を見て「カワイイ」あ
るいは「萌え」という感情を抱いている場合が多いです。


反対に,世の女子の多く(正確な数値は不明)は,リクルート
スーツを着た男子(=リクスー男子)を「カッコイイ」という印象
を抱く場合が多いようです。(あくまでも,個人の主観です)


では,ここで皆さんと一緒に考えたい「問い」があります。


「なぜ,多くの男子はリクスー女子に萌えるのか?」


(皆さん,それぞれ好み(または性癖w)などはあるとは思い
ますが,一般的な傾向として理解して頂けると助かります。)


正解が何であるかは不明ですが,私自身はそこに「非日常」
を見い出すことが可能だからだと思います。意味不明だと思
う方もいると思うので,具体例などを用いて説明します。


もし,女子の皆さんが日常的にリクルートスーツを私服と同じ
ように着ていたとしたら,男子の皆さんはどのように思われま
すか?恐らく,いつもと変わらぬ光景(服装)だと思い,気にも
留めない…

[仕事]5W1Hをマーケティングや販促に応用する考え方

社会人になってから上司に報告する機会が非常に増えています。そんな時に頻繁に言われるのが「5W1Hを利用しながら分かりやすく伝えなさい」というものです。文書を書く際の基本として絶対に身につけるべきフレームワークだと思っています。

http://blog.livedoor.jp/kenji_418/archives/64686758.html


Who=誰が(主語)
Where=どこで(場所)
What=何を(内容)
When=いつ(納期)
Why=なぜ(理由)
How=どのように(手段)


このフレームワークを考えながらネットサーフィンをしていたところ、5W1Hをマーケティングや販促に応用する考え方を知りました。マーケティングの基本的なフレームワークとして有名なのは「4P」ですが、それを5W1Hに置き換えるとより具体的で分かりやすく感じます。


マーケティングも販促も基本は5W1H
http://blog.mcbbt.com/5w1h-2/


Who=誰が:ターゲット
Where=どこで:Place
What=何を:Product
How =どのように:Promotion
How much=いくらで:Price

When=いつ:季節、時間、期間
Why=なぜ:販促キャンペーンの理由/動機


※基本は「誰に何をいくらでどのように売るか


このフレームワークに沿って、さらに具体的な数値やロジックを用いて社内で提案すれば受け入れられる可能性が大幅に向上するのではないでしょうか。もちろん、知識として知っているのと、実践できるのとでは大きな違いはあります。先ずは、メモ帳に書いていつもチェックするように心掛けて見ようと思います。