スキップしてメイン コンテンツに移動

[本の紹介]私たちにとって本当の“豊かさ”とは?「インターネット的」(PHP新書)


こんにちは、毎週恒例のブログ更新です。



10年以上前に書かれたとは思えない内容...



2012年も残すところ数日ですが最後の最後に素晴らしい本に出会えたので紹介します。コピーライターとして活躍する糸井重里さんが2001年に出版された「インターネット的」という本です。本書はガチガチのインターネット論ではなく、インターネットが登場してから私たちの暮らしの「何が、どんな風に変わっていったのか、これからどうなっていくのか」を糸井さんならではの視点で書かれています。また後半部に登場する「消費のクリエイティブ」という言葉には注目です。以下、文中で気になった箇所を抜粋します。



僕は思う:ソーシャル時代のシェア(共有)


また、実は、情報は、たくさん出した人のところにドッと集まってくるんだ、という法則があるのです。貰っているばかりいる人は、いつまでたっても「少しもらう」ことを続けることになります。おすそわけ(*シェア)を沢山している人や企業には、「これも、あなたが配ってください」という新しい情報が集まる交差点のようになっていきます。モノやコトも、情報のかたまりですから、これは新しい意味での生産手段を手に入れたのと同じことになります。また、配られた人は、この人や企業のシェアをしてくれるものは信頼できると思ったら、その次の情報を待ちますから、そこには不定形な市場もつくられている可能性があります。(P.31)



僕は思う:50点で構わないから早く出すこと


さて、インターネットによって、表現になる前の思いがやりとりしやすくなった。論文として、企画書として完成しなくても、可能性に満ちた思いをアドリブ的に伝えることができるようになったということです。完成を待っているうちに、世の中が進んでしまって、そのアイデアが必要なくなってしまうことも多くあるでしょう。アイデアやヒントがまだ幼いうちに、他者に向けて何とか出してみる。そしてたくさんの相手が、「未完成だけれどポテンシャルを感じる」と言ってくれたらしめたものです。自分ひとりじゃできないことでも、その受け手の力に手助けされて、素晴らしい現実を生み出せるかもしれないのですから。(P.51〜P.52)



僕は思う:リーンスタートアップ的な思考法


トライアル&エラー系の多産系。速くたくさん何度も試すこと、これができれば、何かをつくるときの速度も精度も、ぐんぐんとあがります。「インターネット的」な時代は、怖れず速く試すことが大事です。コンピュータの進歩は、ドッグイヤー(犬にとっての一年は人間なら七年分だとか言われます。なぜ、速い進歩をしたかといえば、コンピュータのソフトは、完成する前の段階で、何度も何度も実験をくりかえせるからです。試すことに必要なのは、基本的にデジタルな情報だけです。(略)こういう方法は、コンピュータの世界以外のところで新しいやり方を、きっと、たくさん生み出すでしょう。(P.78)



僕は思う:20世紀型の工業化社会的意識からの脱皮


「大量に生産して、大量に売る」ということだけが、資本主義のルールだったと、みんな信じ込んでいましたが。はたしてほんとうにそればかりだったのか、と言えば、そんなこともなかったと思うのです。地方の杜氏がつくれる分量だけつくる地酒や、一台ずつ設計して手作業で組み立てる自動車や、元は企業のデザイナーだった主婦がつくる子供服や、そういった、少しつくって少し売ることで成り立っていたビジネスは、探せばけっこうあったはずです。こういう「消費者が一定の数だけそろえば商売になる」仕事がうまくいくには、一定の数の消費者と出会うチャンスが必要になります。それをするための最高の道具として、インターネットというものがあります。(P.89〜P.90)



僕は思う:わけのわからない(無駄な)ことに価値がある


問いがあったら答えがすぐ近くにある、というクイズのような問題ばかりを、今までのメディアじゃ取り上げてきましたが、実際の人間たちは、答えのない問題についてしゃべったり考えたりする場をもとめていたのではないでしょうか。テレビをはじめとするメディアが、すぐ答えの出る問題ばかりを追いかけているときに、インターネットやケイタイや長居のおしゃべりで、若い人たちが体を使って防衛しているような雰囲気を感じます。勝ちと負け、強いと弱い、という二項対立的な思考に慣れきってしまったいま、そういう枠組みにおさまらない「わけのわからないこと」を考えたり語ったりしたいという雰囲気が自然に出てきているようです。新しい時代には、答えの見えないことが、もっと価値を持つようになるのではないでしょうか。(P.93)



僕は思う:企業の生き様(価値観)が競争力になる


お金をもっている企業なり団体なりが、金銭的な利益を生まないことにお金を使うことが、結局、企業のためになるということを僕は考えています。これからの社会では、企業の「考え方やセンス、モラル、理想」などという個性に、消費者が賛成するというかたちで商業活動が行われる可能性は、おおいにあり得ると思うのです。商品をつくる、サービスをつくるというところでは、あらゆる企業が、どんどん平均化していきます。昔のように、製品にはっきり優劣がつくような差はなくなっていきます。そうなると、何を基準に人々は
、その企業の商品を選んだり、その企業の商品を選んだり、その企業のサービスを心地よく感じるのでしょうか。その企業の実現したいこと社会像に、まるで選挙の投票をするように「買い物」をするようになるのだと思うのです。おそらく企業が、広報活動や商品を媒体にして、自分たちの理念・理想を伝えるということは、その企業の存続に関わるようになっていきます。(略)選挙の投票で政治家が成り立つのと同じように、企業も、良いことをする企業、みんなが喜ぶことをする企業、おおぜいの信頼を得られる企業が残っていくのではないでしょうか。(P.106〜P.107)



僕は思う:想像力の豊かさが欠乏している


願うこと、欲望を持つことは、ほんとうは、けっこう難しいことなのですね。お金をたくさん集めたい、というのは欲望のようですが、実は「そのお金で何がしたいのか」がわからない。新しいビジネスモデルがどうしたとか、ソリューションでサクセスでネットでマーケで創業者利益でゴーゴーゴー
!みたいなことをいくら知っても、それは集金についての方法論であって、欲望やら消費やらについて語っているものではないのです。売りたい側にも、買う側にも、「イメージ」を生み出す力がなくなっているのではないでしょうか。ビジネスを考える人々も、消費をするはずの人々も、考えの行き着く先が、いったん「お金」でストップしてしまっている。
「消費のクリエティブ」「使うことの豊かさ」についての想像力が衰退してしまっているから、お金だけが無理矢理に流通させられているけれど、誰もわくわくしないし、楽しそうに見えないのですね。(P.181〜P.182)



僕は思う:消費なくして生産なし(消費観を育てる)


遊び方の上手な人とか、休みを楽しく過ごせる人は、生産の場面で役に立ってはいないように思われますし、単なる趣味人として変わり者扱いさえされしまいますが、ここに「消費のクリエティブ」があるのだと考えたら、まったくちがった見方ができるでしょう。だって、モノを生産することは、いまの日本ではすでにできあがっているのです。魅力的なモノがつくれないことや、ものをつくっても消費してもらえないことのほうが、いまは問題なのです。だからといって、みんなして「一億総セールスマン」みたいになっていっても、売れないものは売れない。消費の場面をこそ、クリエティブの視点でとらえなおさなければならないです。(P.212)



もし今回の記事について「いいね!」と思ったら以下にあるソーシャルボタンでお気軽に記事をシェア(共有)してくださると非常に嬉しいです。もし興味がある方は私のTwitter(@Kohei_41)をフォローしてみてください。



このブログの人気の投稿

[仕事]3M(ムリ、ムラ、ムダ)を無くす仕組みづくり

つい最近、ある人から言われた言葉がとても印象に残っています。特に、中小零細企業やスタートアップ企業に所属している方には思い当たる節があるのではないでしょうか。


http://automotive-seo.net/2013/01/21/fix-your-seo-today-with-3-quick-tips/

創業間もない組織は「ムリ、ムダ、ムラ」と言われる3Mがとにかく多い。つまり、ムリ(過剰な労働時間)、ムダ(非効率な業務)、ムラ(成果物の低い精度)ということに分類することが出来ると思います。これらが起こりうる最大の要因は、大手企業のように過去の歴史で作り上げられてきた業務の仕組みが欠如しているからです。


もちろん、過去の遺産的な仕組みが原因で機能不全を起こしている企業が多いのも事実です。しかし、中小零細企業やスタートアップ企業は真剣に「ムリ、ムダ、ムラ」を無くすための仕組みを構築する必要があります。いかに短時間で効率よく精度の高い成果物を出すことが出来るのか、つまり労働生産性を常に意識して働いていこうと思います。


[仕事]5W1Hをマーケティングや販促に応用する考え方

社会人になってから上司に報告する機会が非常に増えています。そんな時に頻繁に言われるのが「5W1Hを利用しながら分かりやすく伝えなさい」というものです。文書を書く際の基本として絶対に身につけるべきフレームワークだと思っています。

http://blog.livedoor.jp/kenji_418/archives/64686758.html


Who=誰が(主語)
Where=どこで(場所)
What=何を(内容)
When=いつ(納期)
Why=なぜ(理由)
How=どのように(手段)


このフレームワークを考えながらネットサーフィンをしていたところ、5W1Hをマーケティングや販促に応用する考え方を知りました。マーケティングの基本的なフレームワークとして有名なのは「4P」ですが、それを5W1Hに置き換えるとより具体的で分かりやすく感じます。


マーケティングも販促も基本は5W1H
http://blog.mcbbt.com/5w1h-2/


Who=誰が:ターゲット
Where=どこで:Place
What=何を:Product
How =どのように:Promotion
How much=いくらで:Price

When=いつ:季節、時間、期間
Why=なぜ:販促キャンペーンの理由/動機


※基本は「誰に何をいくらでどのように売るか


このフレームワークに沿って、さらに具体的な数値やロジックを用いて社内で提案すれば受け入れられる可能性が大幅に向上するのではないでしょうか。もちろん、知識として知っているのと、実践できるのとでは大きな違いはあります。先ずは、メモ帳に書いていつもチェックするように心掛けて見ようと思います。


[ビジネス/日本]地ビールとクラフトビールの違いについて

こんにちは、毎週恒例のブログ更新です。




Craft Beer from Michael Jolly on Vimeo.


前回の記事では米国ニューハンプシャー州でナノブルワリーに対する販売・製造免許取得の規制緩和案が施行されたことによる、ナノブルワリー増加とそれに伴う課題について紹介しました。確かにナノブルワリーあるいはマイクロブルワリーの課題は製品の品質管理市場への安定供給である、という指摘には強く共感せざるを得ません。



さて、今回は前回とは趣向をガラッと変えてもっと根本的な部分を問い直してみたいと思います。ずばり「地ビールとクラフトビールの違いについて」です。近年、日本でもクラフトビール専門店が都内を中心に数多く点在しており、クラフトビールという言葉はだいぶ世間に浸透してきたものの、多くの人が地ビールとクラフトビールを混同して理解しているような気がします。そこで私見という形で地ビールとクラフトビールの違いについてまとめてみます。



そもそも、地ビールという言葉が広く知られるようになった契機は1994年の規制緩和によりビールの最低製造量が従来の2000klから60klに引き下げられたことでした。この緩和策により日本全国に小さなビール醸造所が数多く誕生したことにより大きな地ビールブームが起きました。この時代の地ビールはいわゆる観光地の土産品というイメージが強く、小規模醸造のため価格が高い、一般的なビールとは異なりクセがある、パッケージのデザインが洗練されていない、などネガティブなイメージがつきまとってしまい結果的に地ビールブームは終焉を迎え、数多くのビール醸造所が姿を消したと云われています。



そして現在は地ビールからクラフトビールという言葉を頻繁に耳にするようになりました。元々、クラフトビールという言葉自体は英語の「Craft beer」であり意味としては「クラフトマンシップ(職人的精神)を持つ人たちがビールの違いやこだわりを求めて醸造したビール」というのが適当だと思われます。その意味で云うと、地ビールはその土地に根付いたビール、英語で云うと「Local beer」という表現が当てはまるような気がします。



もちろん、どちらの言葉が本質的に正しい/正しくない、良い/悪いなどという明確な基準もありませんし、正確な定義も未だに存在していません。しかし、地ビールは「その土地に根付いたロ…